HARA 腹意識への目覚め (朝日文庫)

著者 : 加島祥造
  • 朝日新聞出版 (2008年7月4日発売)
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022615725

HARA 腹意識への目覚め (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本の身体意識である「肚・腹・HARA」

    老子のタオの視点からみた腹意識が主で身体感覚的なお話は少なめ。

    お腹はやっぱり柔らかさが大事ですね。

  • 肚という言葉が気になり、入手。まだ積ん読ですが。

  • 「腹と骨は頭よりはるかに根源的なものであり、その働きは頭より深い。」
    なるほど人間の頭は浅はかで厄介だ。苦も楽もとどのつまりは頭が作り出したものだ。
    時には腹で考えることも必要なんだろう。

全3件中 1 - 3件を表示

加島祥造の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

HARA 腹意識への目覚め (朝日文庫)はこんな本です

ツイートする