西太后とフランス帰りの通訳 (朝日文庫)

著者 : 渡辺みどり
  • 朝日新聞出版 (2008年10月7日発売)
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022615961

西太后とフランス帰りの通訳 (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 西太后の通訳・裕徳齢の話/指婚制度:陛下が結婚相手を決める制度で、満州貴族の娘は14歳になると全て宮中に召されて選秀女で本人の意思とは全く無関係に皇帝の側室に選ばれてしまうことがある/清朝宮廷では「牛肉」を食べる事は禁止されていた/現存する西太后の写真は裕徳齢の兄・勛齢が撮ったもの/中国で「蝶」は80歳以上の老人を表し、百匹の蝶には「長寿」の意が込められる。また中国にふるくからある悲恋物語・梁山泊と祝英台では男女の主人公が死後に二匹の蝶となるという設定。「蝶」は自由と幸福のシンボル

  • 西太后に通訳として仕えた,裕徳齢を追いかけた小説。プリンセスダーリンは、1905年の父の死後、アメリカの外交官と結婚して、西太后のもとを去ることになる。西太后とダーリンとの交流から、当時のようすが見える。

  • これってノンフィクションなのか小説なのか、今一つわかりませんでしたが、側近く使えると稀代の悪女と言われた西太后の人間らしい一面もわかるものなんですね。

  • 徳齢が自由だ・・・。
    この時代でこれだけ自由に生きた人間もいるんだねぇ。

全4件中 1 - 4件を表示

渡辺みどりの作品

西太后とフランス帰りの通訳 (朝日文庫)はこんな本です

ツイートする