新潟少女監禁事件 密室の3364日 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.00
  • (2)
  • (4)
  • (15)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 94
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022616081

作品紹介・あらすじ

男はなぜ少女を拉致したのか?9年2か月にわたる監禁の全貌とその後の新事実を明かす衝撃のノンフィクション。新潟地裁から最高裁まで取材し続けた著者が、事件の経緯と男の心理を丹念に追い、監禁事件の真実を炙りだす。文庫化にあたり再取材を重ねて、大幅加筆。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本の大部分を占めるのが裁判の記録で、とても大事なのは分かりますが、もっと加害者の異常性にフォーカスし、作者自身の見解が読みたかったと思いました。

  • 丹念な取材と、細やかな筆致で事件を負ったノンフィクション。犯人の姿、そして警察の姿勢や裁判の状況まで、もやっとしたものが消えない。とことん犯人を守ろうとする弁護士とか。被害者が身内だったらどうするんだろうと、すごく残酷に見えてくる。しかも支払い能力のない犯人の弁護人の報酬まで、税金が使われてたなんて!もう犯人は出てきてる頃でしょう。なんだかなぁ。被害者さんはそっとしておいて、ただ幸せであることを祈るだけです。

  • 書いてる人も多いけど、ルポルタージュというよりは裁判傍聴記。傍聴券にアルバイト100人も雇うんだなあ…とか、ちょっと興味深い記述も無くはなかったけど、筆者が寒くて風邪ひいた、とかは正直特に必要のない情報だったような。犯人のOCDがあそこまで酷いとは知らなかったので、その部分が印象に残った。あと母親は見て見ぬふりをするばかりだったのかと思ってたけど、結構何度も精神科の助力は仰いでいた事もわかり、あのような苛烈な状況で、彼女一人で解決しろというのも難しい問題だと思った。

  • 9年2か月に渡り少女が監禁されていた事件のノンフィクション。ノンフィクションのカテゴリーではあるが、単なる裁判の傍聴記録。裁判外の取材は一切ない。事件に興味があったので、概略・裁判内容を知ることができたのはよかったが、それ以上でもそれ以下でもない。
    犯人の心情・生育環境など周囲への取材を通した著者なりの事件の深堀がない。

    ただ事件について知りたい方が最初に読むのは良い記録本だと思う。

  •  桐野 夏生著 『残虐記』はこの事件を参考にした作品である。犯人の設定、周辺などには違いがあるが、とらわれている少女の精神状態などについては詳しく描写がある。一方、こちらの本については事実を克明に調べ上げることでいっそうの恐怖を読者に見せてくれる。事実は小説よりもむごたらしいのだということである。

  • ノンフィンクションというより、裁判傍聴記という感じ。独自に取材した内容や、報道のまとめなどもないので、物足りないが、事件の概要や裁判の争点などは分かりやすい。

  • ある女流作家が書いたこの事件をモチーフにした小説を読んだので、ドキュメンタリーも読んでみた。犯人が二度目の犯行であったこと、警察の操作の不手際があったことは知らなかった。身の毛もよだつひどい犯罪だ。そういえば最近も小学生の女児が鞄に詰められ監禁されたという事件があった。監視社会はいやだけれど、他人への関心が皆無というのも怖い。

  • 世に衝撃を与えた事件の法廷の様子を淡々と記録したもの。それ以上の情報はない。犯人の異常さには驚くばかりだが、何とも救いのない事件である。二度とこのようなことが起きないことを祈るしかないのか。

  • 9年2ヶ月15日。
    9歳から19歳までの長い期間、監禁されていた少女。

    その犯人S被告の裁判記録。

    裁判で最終判決が下るまで3年を費やした。

    第一審での判決は懲役14年。
    S被告、弁護側が控訴し、第二審判決は懲役11年。
    その後、上告し、最終判決は懲役14年となった。

    S被告の裁判での答え方や、態度や表情には、読んでいる方にまで不快感が込み上げてきた。

    殺害までに至らなかったこと、ストックホルム症候群になっていないことが、せめてもの救いだったのでは。

    にしても、日本の法律には歯痒さを感じずにはいられなかった。

    平成24年現在、30歳前半の被害者であった少女が、幸せに暮らしていることを、ただただ願うのみです。

  • うーむ。

    裁判の記録集といった感じ。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

料理研究家・テーブルコーディネーター。ホルトハウス房子氏に師事。各国の家庭料理を学びつつ、日本料理、中国料理を究める。1993年より「松田美智子料理教室」主宰。季節感を大切にしたおしゃれで作りやすいレシピが好評。また肥満、生活習慣病にならないための食生活にも造詣が深く、「健康と美を考えた料理」を意識したオリジナルメニューも手がける。、NHK「今日の料理」、日本テレビ系「キューピー3分クッキング」など、テレビ、雑誌、テーブルコーディネートなどで幅広く活躍。

「2014年 『万能!にんにくみそ床レシピ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新潟少女監禁事件 密室の3364日 (朝日文庫)のその他の作品

松田美智子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

新潟少女監禁事件 密室の3364日 (朝日文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする