負けに不思議の負けなし〈完全版〉 下 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.87
  • (9)
  • (17)
  • (11)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 137
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022616135

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 野球の観点からは広岡の評価に特徴があるかな、この本で書かれているような「優しい」イメージは全くないが。森との喧嘩別れ前だし、まだドロドロ感が世を賑わす以前ということかも。
    それにしてもこの本はじめ野村の教えを好き好む親父どもはどうにかならんですか。サラリーパーソンとプロ野球選手の立ち位置は全く違う、そこを無視して組織論に役立つとか、ほんまにどうにもならん発想かと思われ。

  • さすが野村監督!キャッチャーについての森監督との対談は参考になった。日々の訓練をしっかり行い、相手に合わせて細かく対応することだ。『監督の手腕は人間をどう生かすかにかかっている。将棋に例えるなら「歩」を「金」にして初めて評価かされるのだ。』という言葉は今の自分には大切な言葉だ。

  • 上巻からの続きです。野村監督の名言や生き方をくわしく書いてある本です。楽天ファン、野村ファンならば読むべき一冊ですね。

  • この本は、上を読んでから読んだ方がいいですね。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

元プロ野球監督、野球解説者

「2018年 『なにもできない夫が、妻を亡くしたら』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野村克也の作品

負けに不思議の負けなし〈完全版〉 下 (朝日文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする