友だちいないと不安だ症候群に効く授業。 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.17
  • (1)
  • (3)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 51
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022616265

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 友だちとはその時に好きなものについて話せればいい
     私は友だちがほとんどいない。本を読むのが好きで、映画を観るのが好きだ。映画もひとりで観に行く。感想を語るのは好きだが、自分の大好きな作品は人に知られたくないと思っている。人間関係でわずらわしい思いをしたこともあったし、今ではそれを教訓にして何事もひとりを原則に考えるようになった。
     職業上の興味から手にした本だったが、背中をおされたような気持ちになる。

  • 読んでいると、学活や道徳の授業でやってみたいことが書いてあります。オススメの一冊です(^ー^)

  • スクールカウンセラーの先生から借りた。青い目、茶色い目の話が印象的だった。

  • 友だちづきあい、いじめ問題について書かている。
    友だちづきあいがなく、孤独を感じる時は、自分を高める時期であると発想を転換することで自分の世界を深める努力をする。
    当たり前のことではあるが、状況をマイナスに捉えず、ポジティブに捉えることで自分の成長へのエネルギーにかえていくことの重要性を学んだ。

  • まさにその通りと、納得させられる本。

  • タイトル買い
    もう少し学術的に書いてあるかと思ったが、著者の感覚的見解が多い。
    「昔はこうだった云々」、昔っていつだい?
    実践的な授業内容は興味深い。

    2009.06

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

齋藤 孝(さいとう たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。学者、作家、文化人の役割で多くのメディアに登場している。
2001年『身体感覚を取り戻す』で第14回新潮学芸賞を受賞。2001年発行の『声に出して読みたい日本語』は250万部を超えるヒットとなり、第56回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
その他、『語彙力こそが教養である』など多くの著書があり、発行部数は1000万部を超える。『こども孫子の兵法』など監修作のヒットも多い。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

友だちいないと不安だ症候群に効く授業。 (朝日文庫)のその他の作品

齋藤孝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
西 加奈子
志村 季世恵
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする