松のひとりごと (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.25
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022616449

作品紹介・あらすじ

松たか子の初めてのフォト・エッセイ集。舞台の上で、日々の暮らしの中で感じる喜び、揺れる思い、孤独…。素直に、自らの言葉で、心のうちを書き綴る。共演者のポートレートなど、本人撮影の写真も約90点収録。「松たか子」のコアを感じとれる一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読了。図書館で借りた本。読みやすく、さらさらした感じの上品さを感じた。生まれ持った環境で得られた役者に見えて、嫉妬するほどでないが、羨ましいと感じる。昨日読んだ、奥菜恵の本は、結構、本人の苦しみが滲みでていたが、この本はなかったように感じた。苦しみはあると思うが、どのような苦しさかまでは想像できなかった。本のスタイルとして違うかもしれない。いろいろな人が、いるなと思う。苦しさを感じられない人、生きるのに精一杯の人。成長するなかで変わってくるかもしれない。成長の止まった中年の私はどうなのだろうと考えた。

  • 一時期は同じような言葉やシーンへの感性を自分も持っていた筈なのだけど、読んでいてそれを失くしてるなあと淋しくなってきてしまった。
    エッセイを読むって、人の感性から自分の感性に気づく事かも知れない。
    本人写真は少ないけど芯と活力を感じる方だ。

  • 松たかこさん、好きです。

  • ひとりごとにしては勉強になった。

  • 18.
    松たか子の雰囲気(本人がどんな人かは知らないので)が好きなので購入してみた一冊。
    う~ん、もうちょっと面白いのかと思っていたけれど、期待が大きかったかな。

  • 私が松たか子を好きになった最大の理由は「歌手、松たか子」である。

    しかし、彼女の本職は歌手ではない。
    彼女は厳密に言えば(舞台)女優兼歌手なのである。

    幼い頃から父の背中を見てきて、自分も父と同じ舞台に立つ。一般家庭での親の家業を継ぐのとは少し訳が違うのかもしれない。

    当時の彼女の文章力の高さには頭が下がる。私ならあんな文章は書けないだろう。
    きっといろんな人と出会い、たくさんの舞台をこなし、想像力やその他いろんなものを吸収し、達観した目を養ってきたのだろう。

    彼女の本職である舞台での松たか子を見てみたいとも改めて思った。

    また読み返したくなるいいエッセイだったと心から思った☆彡

全6件中 1 - 6件を表示

松のひとりごと (朝日文庫)のその他の作品

松のひとりごと 単行本 松のひとりごと 松たか子

松たか子の作品

ツイートする