「伝える言葉」プラス (朝日文庫)

著者 : 大江健三郎
  • 朝日新聞出版 (2010年5月7日発売)
3.71
  • (3)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 27人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022616708

「伝える言葉」プラス (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初読。大江健三郎という人間が、どういうふうに成り立っているのかをわかりやすく伝えてくれる一冊。何か所も涙をこらえながら読んでいく。特にエドワード・サイードとの交流を語る部分は奥歯を噛みしめて涙を止める。本の薄さからすると2~3時間で読めそうだが、じっくり噛みしめながらゆっくりゆっくり味わった。死ぬまでに何度でも繰り返し読みたいと思う。

  • 2004年頃のエッセイ、講演を集めたもの。同じ頃に講演を聞きに行ったこともあり、内容の展開に既視感がある。。。
    寛容さ、教育基本法、四つの四重奏、などなどそのころの小説と密接に結びついた言葉が出てくる。重ね合わせて読んでみたらよいのではないだろうか。

  • ちょっとずつ考えながら読んでいます。

  • 読みなおし続けるべき一冊。ゆっくりと丁寧に。

全4件中 1 - 4件を表示

「伝える言葉」プラス (朝日文庫)のその他の作品

「伝える言葉」プラス 単行本 「伝える言葉」プラス 大江健三郎

大江健三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
村上 春樹
三島 由紀夫
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

「伝える言葉」プラス (朝日文庫)はこんな本です

ツイートする