キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか デラックス (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.47
  • (6)
  • (10)
  • (16)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 118
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022616739

作品紹介・あらすじ

競馬の最終レースで有り金全て勝負する、激マズ蕎麦屋で「まずい」と叫ぶ、23年の時を超えて初恋の女性に告白する…。怒られようが、不審者に見られようが、やるときはやるのだ。愛と勇気の爆笑ルポに、著者自ら「恥ずかしい」と言うネタを新たに加えたデラックス版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日常生活の中で、やってはみたいけど、ちょっとした勇気がなくてやっていなかったことを、思い切ってやってみた記録。

    くだらないけど、実行した筆者は素晴らしい。
    笑わせて、いただきました。

  • 『キミはヒマラヤ下着の凄すぎる実力を知っているか』がとても面白かった北尾さん。あれも「かねてから気になっていたことをやってみる」体験だったわけですが、これも「前々からやってみたかったけどできなかったことをやってみた」。

    電車や公園で見知らぬ人に声をかけてみる。マナー違反に思いきって注意する。4つの章のうち3つはだいたいそんなところ。第1章なんてほとんど変質者です。そら知らない人から飲みに誘われたら怖いでしょう。公園で遊ぶ子どもたちに声をかけるときにそもそもタバコを持ったままなんて許しがたいし。競馬場でマナー違反を注意するはずが、逆に非常識なことをしでかして怒られたり、北尾さんアカンやん。第4章の「好きだと言えなかった人に今更ながら言いに行く」はちょっといいかも。

    思うに、「文句を言うことありきでひねりだした文句」はよろしくない。マナー違反を待ち構えて文句を言おうとする姿はかなり見苦しいし、良い結果は生まれません。『ヒマラヤ下着』のように、自分がやってみたかったことを勝手にやってみるほうが面白いねんなぁと思いました。

    ちなみに、私の「前々からやってみたかったけどできずにいること」は、電車や映画館のロビーで本を読んでいる人に「何をお読みになってるんですか」と尋ねてみることです。

  • 本書を読んでいてとても著者に親近感を抱く。鼻毛、口臭など面と向かって言うのが憚られる問題に、身をよじり心臓を高鳴らせ勇気を振り絞って伝えるまでの様が手に取るように判る。電車内のマナー違反な若者に注意をし、車両から降りる直前に背中をどやされホームに倒れる様子は、読み手である自分も苦々しく思う。高校3年生の時の同級生に、時を隔てて告白する話は特に良かった!

  • 人が、一度は考えたかもしれないけどバカバカしくて実行に移せなかったことを、作者の北尾トロさんが代わりに挑戦してくれるお話
    オチがないところとかは、ルポならではと思う

    「自分も何か頑張ろうかな」と少し思えるかも

  • 久しぶりに読んだ北尾作品。タイトルから心理的なお勉強が出来るかも…なんて読んでみたが、全然的外れの展開だった。
    内容は「わかるわかる」と頷きつつも、ヤッパリ実際には出来ないよ。なんて思いながら読み進めるテーマが並ぶ。
    馬鹿馬鹿しさと興味深さが混在する中で、答えもないまま終わっていく事も、小説ではなくルポとしてのリアリティかと思われた。

  • 和図書 916/Ki71
    資料ID 2013200052

  • なるほどと共感できる内容や、
    そんなわけないだろといったものまで、
    気軽に読める本です。

  • 実行するにはちょっとした勇気が要るけど、そもそも勇気を振り絞ってまでやる必要がないから普通はやらない、というような様々な事を作者が実行してみたエッセイ。

    大体予想通りというか、そうなると分かってるからやらないんだよな、という順当な結末を迎える話が多かったけど、詩の朗読会の話や、初恋の人にウン十年ぶりに会う話など、良い方向に転がる話もあった。

    何事もやってみないとわからない!みたいな教訓を得た訳じゃないけど、サラッと読めてそこそこ面白い本だった。

  • 読む前には気づかなかったのだけど、北尾トロさんの作品を読むのは「裁判長!ここは懲役4年でどうですか」以来のこと。
    面白いね。笑っちゃう。とにかく文章が上手い、読みやすいし笑わせてくれる。
    違う作品も読んでみようと思う(⌒∇⌒)

  • くだらなさすぎて好きですww

全19件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1958年福岡県生まれ。ライター。2010年にノンフィクション専門誌『季刊レポ』を創刊、2015年まで編集人をつとめる。主な著書に『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』『いきどまり鉄道の旅』『全力でスローボールを投げる』『欠歯生活 歯医者嫌いのインプラント放浪記』など多数。2014年に本書の第1弾『猟師になりたい!』。15年に第2弾『山の近くで愉快にくらす―猟師になりたい!2』を信濃毎日新聞社から発行。長野県松本市在住。

キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか デラックス (朝日文庫)のその他の作品

北尾トロの作品

キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか デラックス (朝日文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする