ツレはパパ2年生 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.96
  • (6)
  • (10)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022617224

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっぱりありましたねママ見知り。あまり重くは描かれてないけど。セカンドパーソンとしては受け入れるしかないのかなぁ。

  • ニヤリ
    amazonの箱みたいに笑う

  • 「うつ」のとき、亀になったりアンテナが立ってたりしてたツレさんが、立派なお父さんになっていた!

  • ツレパパ1年生より断然面白かった!
    子育てをして1年。
    てんてんさんとツレさんにも余裕が生まれていて、そこから笑いも生まれる。
    最初は人に頼らず自分たちで頑張ろう!と頑張ってたけど、実際やってみてそれが無理だと分かり、周囲にお手伝いをお願いしたり、そういう心の余裕と子育ての成長を感じた。
    それに伴い、ちーと君も成長していてその様子が微笑ましくも笑える。

    相変わらずの不敵な面構え。
    知恵がついてきて、大好きなパパを後追いするも、パパがいない時はちゃっかり泣き止んでいたり、てんてんさんのエクササイズの邪魔をやってみたり・・・。
    あ~、こういうの従妹も甥っ子、姪っ子もやってたな~と懐かしく、楽しんで読めた。
    またちょっとした表現が可愛くって、思わずイ~ッとしたくなる。(すごく可愛いものを見た時に歯をかみしめて思い切り口を横にやってしまう)
    ボッチ(おしゃぶりの事)を吸う時の「ちくちく」という表現。
    外国語みたいな幼児言葉をしゃべる場面。
    う~。
    可愛いよう~。
    それが、どう?可愛いでしょう?というような天使のような絵で描かれてないのがまた味があっていい!

    子育ては主にツレさんが担当なので、ちーと君はどっちかと言うとツレさんになついていて、てんてんさんはお笑い担当みたいな感じなのだとか。
    それも世の中とは逆転関係で面白い。

    また、今回は初めての公園デビューの様子とか、初めて車に乗った時の様子とか、初めて犬と対面した時の様子とか。
    初めてずくしで、その度ごとのちーと君の反応が楽しめた。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

細川貂々(ほそかわ・てんてん)
1969年生まれ。セツ・モードセミナー出身。漫画家・イラストレーター。1996年、集英社『ぶ?けDX』にてデビュー。パートナーの闘病を描いたコミックエッセイ『ツレがうつになりまして。』『イグアナの嫁』シリーズ(幻冬舎)は映画化、ドラマ化もされた著作。男親中心の育児を描いた『ツレパパ』シリーズ(朝日新聞出版)、自身の職業遍歴を描いた『どーすんの私』シリーズ(小学館)なども出版。また、母娘問題に切り込んだ『それでも母が大好きです』(朝日新聞出版)や、人生観の宝庫である落語を掘り下げた『お多福来い来い』(小学館)を上梓している。

「2018年 『生きづらい毎日に それでいい。実践ノート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツレはパパ2年生 (朝日文庫)のその他の作品

ツレはパパ2年生 単行本 ツレはパパ2年生 細川貂々

細川貂々の作品

ツイートする