三遊亭圓朝の明治 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.60
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022617361

作品紹介・あらすじ

明治維新後、三遊亭圓朝は政府に要人に近づき、時代に相応しい文化人を目指す。だがそれは一方で落語の伝統を否定し、藝人としての己の居所場を失わしめる行為だった。日本の大転換期に翻弄されつつも、したたかに生き抜いた名人の栄光と屈折を描く本格評伝。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 圓朝の人生がコンパクトにまとめられていて、とても参考になった。圓朝というと、高僧のような端然とした人物しか想像できなかったけど、若い頃は派手な格好をしたりしてたというのが、なんだかホッとした。

  • 明治維新のとき21歳だった三遊亭圓朝の評伝。落語の神様扱いをしないで、明治という激動の新時代と格闘した江戸生まれの芸人を活写した優れた評伝である。

  • 谷中全生庵の山岡鐵舟の墓の傍らに円朝の墓があることの経緯が書かれている。円朝論ではなく円朝逸話集ともいうべき趣きの本。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1935年東京生まれ。芸能・演劇評論家。芸術祭文部大臣奨励賞(1967年)、大衆文学研究賞(第10回、1996年)、スポニチ文化芸術大賞優秀賞(第14回、2006年)。菊田一夫演劇賞、読売演劇大賞選考委員。著書に『志ん生のいる風景』(青蛙房)、『女興行師吉本せい』(中央公論社)、『都新聞藝能資料集成』(大正編、昭和編上 白水社)、『落語手帳』(講談社)、『落語のこと少し』(岩波書店)等。

「2018年 『落語登場人物事典』 で使われていた紹介文から引用しています。」

矢野誠一の作品

ツイートする