脱線者 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022617385

作品紹介・あらすじ

怪我でテニスを断念、自殺を考えた高校時代。たどり着いた結論は「死ぬくらいなら何でもできる」。バンドから映画・テレビへと広がり、40歳になって半生を振り返る。いかりや長介など先輩への思いや、役を愛して諦めることがない俳優の高熱エッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2012/10/5

  • 織田祐ニという人は、よくわからない人だと思っていた。きっと、日本で1番有名な俳優さんと言っても過言じゃないと思う。でも、よく知らない人であるのだ。あれだけメディアに露出しているのに、その実態が見えない。単純に僕が興味を持っていなかったというのも、その理由の一つなのかもしれないけれど、それでも良く知らない、わからない、という印象を持っていた。
    僕は、今、いろんな人がどんな生き方をしているのか、とても興味がある。だからこそ、エッセイをたくさん読んでいる。紡がれた言葉の向こう、その言葉の裏側に何があるかを感じながら。織田さんは、読んでいてこちらが気恥ずかしくなるくらいまっすぐ。こんなに”若い”大人がいて、そんな人が第1線にいるんだな、と思った。いや、そんな大人だからこそ、第1線にいることができるんだ。変に斜に構えていない。変にかっこつけていない。人によっては敬遠したくなるような人なんだろうけど、その「臭さ」が何よりの魅力。僕も「僕らしさ」「僕臭さ」のようなものを、創っていきたいと、彼に対する新たな憧れからそう思えた。

全3件中 1 - 3件を表示

脱線者 (朝日文庫)のその他の作品

脱線者 (朝日新書) 新書 脱線者 (朝日新書) 織田裕二

織田裕二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする