誰も国境を知らない 揺れ動いた「日本のかたち」をたどる旅 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
2.80
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022617408

作品紹介・あらすじ

政治的秘境となった尖閣諸島、韓国の民族的聖地となった竹島、ロシア人が暮らす北方領土。日本人には行けない「日本の国境」に足を運び、数十年にわたり国境問題に振り回される人々のすがたを描くノンフィクション。尖閣諸島沖を再取材、国有化の真実に迫ったルポも新たに加筆。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 少年の日、国境とは憎むべき障壁でありながらも憧憬の地でもあった。当時読み耽っていたヘッセの影響であろう。旅人は国境を憎むと唄いながらも南伊へと峠を越える旅の描写は哀しいまでに美しかった。日本は島国の宿命から国境は全て海上となり国境巡りは必然、島旅となる。私が知るのは対馬と与那国だけであり島々を取り巻く状況を思えば、北方領土、沖ノ鳥島、竹島、尖閣諸島の地を踏むのは当面難しそうだ。以前、釧路の友人と国後の爺々岳への道を夢想したのが妙に懐かしい。尖閣諸島に関する纏まった文書を初めて読んだ。沖ノ鳥島が島かは微妙。

  • 素人ぽい文章と考え方がすごく良い。褒めてます。右にもよらず左にも寄らず。

    「日本周辺の白地図を広げて「日本の領土ってどこまでだと思う?」とたずねてみても、正確なところを答えられる人はわずかだろう」

    「僕は「国境の島」が押し付けられた痛みを想像したい」

  • 国境の島のルポ?
    ちょっと意識が高く行動力が少しある人の書いた旅日記?
    まぁ、この薄さがいいのか?

  • なんか、釈然としない。
    報道を目的としているのであれば、理解できるのだが、
    読んでいると、単に興味本位で竹島や尖閣諸島、北方領土に
    行っているような気がしてならない。
    行ったことがあるならば、もっと伝えることがあるはずだ。

  • (チラ見!/文庫)
    朝日新書案内2012/11/18

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

ノンフィクション作家・フリーライター
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒。
離婚を経験し、わが子と離れて暮らす当事者となって以来、子どもに会えない親、DVや
虚偽DVなど、家族をテーマにした記事を雑誌やウェブメディアに執筆。
著書に『僕の見た「大日本帝国」』、『誰も国境を知らない』『本で床は抜けるのか』
など多数。18人の父親に話を聞いた『わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たち』
(PHP研究所)を2017年に出版。

「2020年 『子どもを連れて、逃げました。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西牟田靖の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×