50歳からちょっと心を休ませる本 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.57
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022617590

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者は『老人よ自信と誇りを持て』みたいなことを述べているけど、サラリーマンを40年勤め上げて退職間際の年収が400万円強でも年金は17万にも満たず子供も家庭を持つと非正規やら家のローンやらで自分達で手一杯で頼れない。自信と誇りを持つ以前に生きてくだけで精一杯。
    著者はもう少し多面的に物事を見て勉強して本を書いた方がいいと思う。
    学者だから自分の専門外にはほとんど興味が無いんだろうな。
    この本を読んで、変な価値観を持った老人が生活困窮に陥らないことを祈ります。

  • そんなにあなたはお疲れですか?と言われそうだが、いえいえそうではなく(笑) たまには、こんなつまんない本も(失礼)いいかなあと図書館で手にとって見た。
    ひとつは、加藤諦三さんの本だったから(^.^)

    でも、どうやら私には不要でした。

  • 与えられた 運が 同じでも
    過去に 執着する人は
    与えられた 運を 悪く使う
    同じように 老い をうまく 使う 人と
    まずく 使う 人 とがいる

    心配 は 勝利 せず

    幸せな人は 毎日起きる イヤなこと を
    その日 その日 で キチン と
    整理して いける 人
    人間 生きて いる以上 イヤ な ことは
    必ずし ある

    他罰的な 人間は 老年期に 挫折するが
    憎しみを 乗り越えた 人は
    美しき 老年を 楽しむ ことになる

    その 年代 その 年代 で 捨てなければ
    ならない ものがらある
    秋の 服 で いれば 冬 寒い

    人生の ツケは 払わないと
    先には 行けない それは
    あれは あれで 良かったのだ
    と 受け入れる 事

    こぼれた ミルクは 戻らない
    基準変更 すれば
    こぼれる ミルクが あるから
    良いでじゃないか

    歳を 取ったら 自分の悩み を
    第三者の 目で 見る
    若い頃には なかなか これが
    できないが
    歳を 取れば これが できる
    それが 成熟 である

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1938年東京生まれ。東京大学教養学部教養学科卒業、同大学大学院社会学研究科修士課程修了。現在、早稲田大学名誉教授、ハーバード大学ライシャワー研究所客員研究員、日本精神衛生学会顧問(元理事)。ニッポン放送系ラジオ番組「テレフォン人生相談」のレギュラーパーソナリティを約半世紀つとめている。

「2018年 『怒ることで優位に立ちたがる人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

50歳からちょっと心を休ませる本 (朝日文庫)のその他の作品

加藤諦三の作品

ツイートする