だって、自転車しかないじゃない (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.17
  • (0)
  • (7)
  • (8)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 49
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022617613

作品紹介・あらすじ

【文学/随筆】楽しくて速くて健康的で渋滞を起こさない自転車がブームといわれて久しい。3・11以降、自転車通勤も増えている。自転車をもっと楽しみ、有効活用しながら、先進国でワースト1の事故数を減らすための提案も。懐かしの広告、おすすめツーリングコースも紹介する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者の本は昔から読んでいるけれど、だんだん主張の仕方が過激になっていってる。
    この舌鋒の鋭さは、著者のいらだちがそのまま反映されたものなんだろうね。

    自転車乗りの僕としては「やれー、ヒキタもっとやれー」て感じだが、そうでない人はどう感じるのだろう。戦略としては、ちょいと疑問符がつくかな。

  • モンテカルロモデルとかなんなんですかね。要はアリタリア航空スポンサーのランチャ・ストラトスのカラーリングをモチーフにしただけですよね。同じ色で、他のラリー選手権も出るわけで、まったく意味不明です。
    評価は低いですが、ネタとしては楽しめます。対象が不明なのはどうなのかと。不要な用語集、歴史。仮に初心者相手なら、難しすぎというか、マニアック過ぎです。
    つまりは、書きたいことを並べただけなところが、低評価の理由です。

  • 疋田さんの文章はいいな〜
    脱力系だけど本質をついてる。

  • 著者の自転車本を何冊か読んでいるので、自転車による車道走行についてや行政の勘違い対策、海外の状況など繰り返し述べられている内容なので、特に新鮮、とか思うところはない。

    この本での注目は自転車の歴史と称してその起源から遡っていること、特に昭和の40年代から50年代にかけて流行?していたジュニアスポーツ車を当時のカラー広告と共に振り返っているところは面白かった。

    ただ、路側帯はともかく、路肩は道路ではないのだから、走ることを前提に考えない方がいいのではないかなぁ、とは思った。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

自転車で通勤する人をさす「自転車ツーキニスト」という言葉で、都市交通としての自転車活用を提唱。雑誌連載、メールマガジン、ラジ、講演などを通じ、エコでたのしい自転車の魅力を精力的に伝えている。『自転車“道交法”BOOK』(小林成基氏と共著 木世出版)ほか著書多数。3児の父。NPO法人自転車活用推進研究会理事。自転車の安全利用促進委員会会員。

「2015年 『おやこで自転車 はじめてブック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

だって、自転車しかないじゃない (朝日文庫)のその他の作品

疋田智の作品

ツイートする