原節子 わたしを語る (朝日文庫)

著者 : 貴田庄
  • 朝日新聞出版 (2013年5月8日発売)
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 14人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022617637

作品紹介

【芸術/映画】「私はギャラが半分でもいいから、小津さんの作品に出演したい」など、前作『原節子 あるがままに生きて』に収めきれなかった伝説の女優の発言とその背景を紹介。好きな映画、家での過ごし方、女優という仕事について。魅力的な素顔がさらに浮き彫りに。

原節子 わたしを語る (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1947年生まれ貴田庄(きだしょう)さんの「原節子 わたしを語る」(2013.5)、伝説の女優のホンネに迫るエッセイです。「近代映画」や「映画ファン」などでの原節子さんの発言から、その人となりを考察されています。好きなことは、読書、泣くこと、ビール、そして怠けることだったそうですw。原節子さんと高倉健さん、生き方がどことなく似てる・・・、そんな印象を受けました。本好きとストイックさは、間違いなく似てますね。(^-^)

  • シャイな方です。

全2件中 1 - 2件を表示

原節子 わたしを語る (朝日文庫)のその他の作品

原節子 わたしを語る Kindle版 原節子 わたしを語る 貴田庄

貴田庄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

原節子 わたしを語る (朝日文庫)はこんな本です

ツイートする