遺伝子はダメなあなたを愛してる (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.43
  • (2)
  • (11)
  • (16)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 122
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022618047

作品紹介・あらすじ

家庭や職場など、日常生活で生じるさまざまな疑問と悩み。その解答を生物学者の著者に聞いてみたら-?雑誌「AERA」の大人気連載コラム「ドリトル先生の憂鬱」をまとめた一冊が待望の文庫化。おかしみあふれる語り口に、生物の真理がたっぷり詰まった人生の指南書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  良質な科学エッセイの著作を続々と刊行している人気生物学者の、最新刊。『AERA』の連載コラム「ドリトル先生の憂鬱」の単行本化である。生物にまつわる疑問を中心とした読者(?)の素朴な疑問に、著者が2ページないし4ページで回答していく内容だ。

     生物学者ならではの豊富な科学的知見、最新の科学トピックを随所にちりばめつつ、堅苦しい内容になっていない。話し言葉の平明な文章はあたたかい印象だし、上品なユーモアと深みのある考察が絶妙なアクセントになっていて、科学エッセイとして一級の仕上がり。

     前エントリで紹介した適菜収の本は著者の意地の悪さがにじみ出た内容であったが、本書は逆に、著者の人柄のよさがにじみ出た本。

     思わず人に話したくなるような科学知識も満載である。
     たとえば、“LEDライトの明かりがなんだか寂しい感じがするのは気のせいでしょうか?”という問いに対して、著者は次のように明快に答える。

    《近年とみに都会に普及した青色発光ダイオード(LED)の細かい輝きのイルミネーションを見ると、華やかなはずなのに、私も一抹の寂寥を感じます。なんだか冥界を垣間見たような気持ちがします。おそらくそれも、LEDが冷たい光だからかもしれません。

     さて冷たい光とはなんでしょうか。それは発光のためのエネルギーが、熱になることなく、光に変換される率が高いということです。普通の燃焼、たとえばろうそくの火では、光への変換効率はたった4%程度。残りのエネルギーのほとんどが熱となって散逸してしまいます。(中略)LEDの効率は約30%。だから節電になるのです。そして、ホタルの発光効率はなんと90%。ほとんど熱への損失がありません。究極の冷たい光です。ここまで完璧に近いエネルギー変換効率は人間には到達できていません。》

     もう一つ例を挙げる。

    《私たちは炭水化物そのもの(小麦粉やイモ)あるいはタンパク質そのもの(卵の白身)には、味を感じません。それが崩れかかったとき、つまり分解し始めるとき、そこから放出される糖やアミノ酸に対して甘みやうまみを感じるのです。
     これはおそらく獲物が傷つき、倒れて、動けなくなったとき、その場所へアプローチするため、甘み・うまみ成分の濃度勾配をたどれるよう、進化の途上、生み出された能力であることを示しています。》

  • 普段読まないジャンルですが、流し読み。生物学者の著者のユニークな回答に時々ふふっと笑いました

  • 460

  • なかなかおもしろかった!

  • 288
    じわじわ来た。おもしろかった。こういった本をおもしろいと感じるのは理系だから?関係ないかな。著者の文章も内容も引き込まれるものがある。
    同著者、読了3作目。

  •  生物学に通じていない私にも分かりやすく、優しく語りかけてくれる本。地球に存在する生物全てが独自の特徴や生き延びる術を持っていることに強さや神秘性を感じると同時に、人間もそんな生物の一種類に過ぎないのだということを改めて思った。生物界において体の特長や大きさなどによって強弱はあれど、上等下等のランクはなく皆が環境を共有しあって生きていることを強く感じた今、「人間だけが共有ではなく占有を求めています。」という著者の言葉が胸に刺さる。ヒトという生物としての在り方とは一体何なのだろうと考えさせられた。

  • AERAで連載されていた福岡伸一さんのコラムの文庫化。
    面白かった。福岡ハカセまじ安定

    以下、特に印象に残ったところ
    ・ゾウリムシとクロレラの関係
    ・脳移植と拒絶反応。「私」は身体全体に広がっている
    ・交配が可能なら同一の種
    ・基本5味+辛み。辛みは痛覚
    ・冷たい光LEDと、ホタル

    相変わらず見事な博覧強記っぷりと絶妙な文章表現。
    独自の切り口で物事を語れる人は、ほんとうに素敵だと思う
    日常の問題やありふれたトピックでも、「この人だったらどう考えるか?」と期待されるような人間になりたいもんだなぁ

  • 福岡さんらしい観点と感性で、日ごろの身近な疑問や悩みにさわやかに答える人生相談。
    どんな質問がきても、軽視しない。正義感は振りかざさない。にこやかに「あなたはもっと大きな動的平衡の一部なんですよ」と包容する。
    「私、片付けられないんです」という悩みに細胞がどうやって老廃物を捨てているのか説明して、あなたの細胞はせっせと断捨離してます、ご安心を、と回答してみせる。要約を読むとはぐらかしているようにしか見えないのに、福岡さん本人の文章を読んでいるとちゃんと受け止めてもらえた感じがする。
    知性とユーモアが出会うとこうなるのか、と感心。

  • 自由であれ。

  • 遺伝子は決定論的ではなく,自由を享受するための存在である,という考え方は長年遺伝子に向き合ってきた生物学者ならではの逆転の視点.本編は,読者からの細かなお題に対する生物学者としての独り言群.時々盛り込まれる子供時代の回想が面白い.

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

青山学院大学 理工学部 教授

「2019年 『マッキー生化学 問題の解き方 第6版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福岡伸一の作品

ツイートする