中世的世界とは何だろうか (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.00
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :29
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022618092

作品紹介・あらすじ

【歴史地理/日本歴史】「日本は島国」といった、日本の成り立ちに関する常識や通説に向けて問題を提起し、柔軟な発想と深い学識で新たな列島像を展開する一冊。「源氏と平氏」「名前と系図をさかのぼる」などのテーマで、網野史学の世界を一望する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Ⅲの南北朝を境に『聖』に属していた職能の人々が『賤』に貶められる非農業民の変遷の考察が特に興味深かったです。
    軍記物が好きなのでⅡの内容も当時を深く知り考えるために読めて良かったです。
    著者の歴史観には当然批判等もありますが天皇や公家、武家と言った力を持つ人々の視点以外の中世世界を捉えるためには読んで良かったと思います。

  • 源平から後醍醐の建武新政まで、荘園制から封建制度への移行時の納税はどう考えられていたのか、農民は作物を納めるが、非農民=遍歴民は土地(領主)に縛られず自由な租税免除・自由交通権を得て交易を担った職能人達がいて、社会には欠かせない遍歴民をみることで歴史を捉えようとしている本です。

  • 農民土地史観をひっくり返した、網野先生の中世考察をまとめた本。
    網野史観も今の視点から見れば古びた感があるが、登場して論争になっていた最中のインパクトはホントすごかったんだろうな。

全3件中 1 - 3件を表示

中世的世界とは何だろうか (朝日文庫)のその他の作品

網野善彦の作品

中世的世界とは何だろうか (朝日文庫)はこんな本です

ツイートする