考え方のコツ (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.57
  • (13)
  • (31)
  • (35)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 440
レビュー : 41
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022618122

作品紹介・あらすじ

仕事の最大の目的は社会の発展に寄与すること。そのためには「知ること」より「考えること」を"自分自身の新しい学び"として体得することが重要である。著者のキャリアをベースに、日々の仕事と生活に、変化と成長をもたらす35のコツを説く。『暮しの手帖』編集長が説く「仕事」と生活の指南書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 松浦弥太郎さんの言葉は柔らかくすっと心に入ってきます。この本も、こうしてみようという事がたくさんでした。ネガティブに傾きがちな自分なので、「いつも幸せな自分だと考える」ことを心に留めて、感情をコントロールしようと思います。まずはここから始めます。何度でも読んで、少しずつでも実行します。

  • 『暮しの手帖』の編集長である著者が見出したアイデア術、仕事術についてつらつらと書かれている本です。本書全体に通底して「自分の頭で考え抜くことの大事さ」という著者のメッセージが込められています。「知識が思考の邪魔をする」とも言っており、なまじ聞きかじった知識で物事を判断せず、自分できちんと検証しなければならないと言っています。この下り、ショーペンハウアーの『読書について』でも同様のことが書かれていたことを思い出しました。孔子先生も「学びて思わざれば則ち罔し」なんて言葉を残していますね。仕事や日々の生活を送る上で見習うべき姿勢が多く書かれています。

  • 仕事とはこなしたりスピードアップさせたり追いかけたりするものではなく、日々質を高く楽しく無理をせず続けられる自分のフォームを作るもの。こうあるべきという理想を追うのではなく、自分が自分らしく仕事をするための働き方を、それぞれが工夫し発見し環境と調和を図りながら磨いていくこと。量よりも質が大切。常に前向きで未来志向であることはとても大切。そのためには、知ることよりも考えることをしなければならない。なんでも知っている人ではなく、なんでも考える人になる。1日2回。午前中と午後に「考える時間」を確保する。

  • 僕の中では考える=何か答えを出すとこまでだと思ってましたがこの本にあった考え方を実践すればその答えの内容も変わってくる気がしました。
    何かしながら考えるというのは無理なことで1日に2回、1時間ずつ考えるだけの時間が必要だということです。
    白い紙にアイデアや思い浮かんだことを書いていく。
    何かしてる時にひらめいたりすることもあるかもしれませんがそういう時に思いつくアイデアは脆いということです。
    知識を捨てることの大切さにも触れてました。
    最近は本を前より読むことが多くなったり、iPhoneやパソコンですぐに情報が入るので知識が増えてると思います。
    人と話しててもたまにそれってこういうことやろと自分の中で思って聞いてて、ちゃんと聞いてない時ありますけどその時って知識が邪魔してますよね。
    知識が豊富になった時に人は自分で考えたと思ってしまいます。
    その時に自分のアイデアだと勘違いしてしまう。
    それが危険だということです。
    知識が増え過ぎたらどんどん捨てることも大切ですね。
    この本よかったです。
    わかってること多いけどそのわかってることを1つ1つ実践できそうに書いてます。
    僕も含め考えながら何かしてしまって何してたかわからなくなってしまう人にはオススメです。

  • 睡眠削って働くことができない年齢になり、仕事の質を高めたいと思って読みました。
    当たり前だけどなかなかできない、日々丁寧に自己管理して質を高めるということが、松浦さんの落ち着いた文章で語られています。
    淡々とした文章の中に、凄くプロフェッショナルな意識を感じ、こうありたい思う。たまに読み返して自分の仕事をチェックしたい

  • この人の考え方はとても好きだ。
    著者自身が厳しい自制を敷かれているのだと思うのだけれどその考え方が完全に論理的でパキッとしているのではなくどこか人間的な柔らかさがある。
    松浦さんの他の本を読んだときもどこかに優しさを感じた。
    本書に載っていることすべてを真似することはできないがなるほどそういう考え方をするのかということやこれはこれからの自分の成長にはとても重要だからやってみようということが多かった。

  • ストイックすぎるぐらいのところは、弥太郎さんらしい。凝り固まった考え方がほぐれるような、方法を教えてもらえる一冊。自分の生活に取り入れられることもみつかる。
    弥太郎さんを参考に、自分の考え方のコツをつかんでいけたらいいと思う。
    そのためには、規則正しい生活が基本、という揺るぎない著者の信念に共感します。

  • ・積極的に「考えるための時間」を確保し、落ち着ける「考えるための環境」を整え、しかるべき手順を踏まなければ、アイデアを生み出すことはできません。

    ・午前中の1時間はあらゆることを自分の頭の中で整理し Much”を加えた5W2Hがふさわしいと思います。

    ・今でもカフェでお茶を飲んでいるとき、無意識に人や状況を観察していることがあります。「この人はどんなことをしていて、今どんなことを考えているんだろ

  •  世間一般的な理想を追いかけていると、理想とはかけ離れた方向に全速力で走っているような気がする。それは、理想からむしろ遠ざかる行為なのかもしれない。スピードも量も大切なのかもしれませんが、質が一番大切。

     「仕事とは、たくさんこなしたり、スピードアップさせたり、追いかけたりするものではなく、日々、質を高く、楽しく、無理せず続けられる自分なりのフォームをつくる…自分が自分らしく仕事をするための働き方を、それぞれが工夫し、発見し、環境においての調和を図りながら、磨いていくことが大切である…」

     >コミュニケーションの基本とは、いつも幸せな自分でいることです。笑顔にはたくさんの人が集まってきます。笑顔になる一番の秘訣は、自分が幸せでいることです。人々は笑顔だけでなく、その奥にある幸せに惹かれるのでしょう。幸せなひとのところには幸せな人があつまります…私も、自分が幸せを目指します。

     >自分が今、どんな状況であっても感謝すること。幸せになる大切な方法として、感謝を忘れないこと…長女の結婚式・披露宴の日、私の両親を迎えに行く車の中で、古い愛車を安心して乗れる状態に整備してくださったメカニックの方にも感謝する気持ちが芽生えました。皆さんのおかげで、今日が迎えられたと…

     >どんな人にも、いつも礼儀正しく、同じ態度で接する…これは、私が一番できていないことの一つですね(って一番できていないことが沢山あるのか?‗?)。自分にとってそれほど影響力がないと思っているの背後には、もしかしたら影響力がある人がいるかもしれませんし、自分の不躾な態度を、影響力がある人が見て、眉をしかめているかもしれません。相手に対して敬意を表した態度をとれないということは、自分のことを尊敬できないような態度で生きているということかもしれません…

  • アイデアの判断基準は、
    人を幸せにするかどうか。
    人は嬉しい、楽しい、面白い、おいしい、と喜んだ時にお金を払う。
    利益と幸せは繋がっている

    一瞬の喜びではなく、永続的な喜びを提供する

    自分が経験したこと、が情報。
    自分自身のオリジナルのアイデアを信じる。

    5W2H
    who where when what why how how much

    自分についての正しい評価は
    自分に対して批判的な人

    状況や変化を観察し、想像力を育てる

    想像より創造
    イマジネーションよりクリエーション

    言葉で人を幸せにする
    突き詰めると親孝行

    ギブだけを続ける人になる

    自分の意見を求められていないのに披露するのは、もったいない。

    お願い事をする際は、
    相手のタイミングをはかる
    ギフトを忘れない
    相手の価値をしっかり知る
    を忘れない

    人として評価できるか、信じられるかという人脈が10人いればよい

    前に進めば向かい風を受ける。向かい風を受けていない仕事は前に進んでいない
    自分で風を感じられているか

全41件中 1 - 10件を表示

考え方のコツ (朝日文庫)のその他の作品

考え方のコツ Kindle版 考え方のコツ 松浦弥太郎
考え方のコツ 単行本 考え方のコツ 松浦弥太郎

松浦弥太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤雅彦
松浦 弥太郎
又吉 直樹
佐々木 圭一
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

考え方のコツ (朝日文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする