俺に似たひと (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.33
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022618191

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学評論随筆その他】還暦間近の俺は、若い頃、絶対に相容れないと思っていた父親のため、仕事帰りにとんかつを買い、「さっぱりしたなあ」の言葉を聞きたくて体をふく──。介護をする毎日、止めようもなく過ぎてゆく時間とその中でふいに訪れる僥倖のような瞬間が静かに響くエッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者が、一年半にわたる実父の介護体験をつづった書。
    昨年たった三ヶ月ながら、夫とともに義母の介護(と死)を経験した自分にとって、他人事ではない実感をともなったものとして胸に迫るものあり。
    老親を介護する家族の心を、少しく軽くする言葉もあり、
    夫にもぜひ読んでもらいたいと勧めてみたものの、「まだ(つらくて)読めない」と拒絶されてしまった。いつか、あの日々が”思い出”になったら、手に取って欲しいものです。
    (私自身も、もう一度時間をおいて再読したい)

  • 読了。一気に読んだ。途中、辛くなった。読み終えてスッキリした気分になった。まだ、介護の経験はない。経験しなければわからないことが書かれていたと思う。人が生きるのは大変なんだと思った

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

文筆家、隣町珈琲店主。1950年、東京生まれ。著書に『小商いのすすめ』(ミシマ社)、『グローバリズムという病』(東洋経済新報社)など。

俺に似たひと (朝日文庫)のその他の作品

俺に似たひと 単行本 俺に似たひと 平川克美

平川克美の作品

ツイートする