週末香港 マカオでちょっとエキゾチック (朝日文庫)

著者 :
制作 : 阿部稔哉 
  • 朝日新聞出版
3.25
  • (0)
  • (6)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022618207

作品紹介・あらすじ

【歴史地理/旅行】地価高騰の香港、ベガスを超えたマカオ。同時期に返還された二つの場所は中国なのに中国らしくなく、不思議なバランスを保っている。返還前後も現在も、変わり続けるこれらの街を著者独特の筆致で描く、週末香港・マカオ旅。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 下川さんのブログで新刊を頂いた。
    週末香港行きたいな。

  • 題名から、香港マカオのちょっとだけディープな過ごし方を紹介するガイドブック的な内容を想像していたが、この地域の成り立ちから最近の政治状況まで、それぞれ独特の歴史を知ることができた。期待とは異なったが、これはこれで良い。巻末の地図がもう少し分かりやすかったら、なお良かった。

  • 返還前から香港滞在を繰り返し、現地の変わり様を見てきた著者ならではの視点が読みどころ。 近年の変化や歴史、といった記述にもウエイトが置かれていて、旅行前に一読する価値あり。

  • 世界をバックパッカースタイルで回るベテラントラベラーの下川さんが、ここ数年の香港とマカオの変化を自らの目で受け止めて綴ったエッセイ。ここ10年の香港の変化は昨年の運動も含めて認識済みだが、それと対照させたマカオの状況が興味深い。古き良きものがなくなろうとしている切なさはもちろんあるが、両市の未来がどうなっていくのかはわからない。そこを見越して今後も旅していきたい、と思った本。

  • 香港、マカオをこよなく愛する筆者のルポ。題名からはホットスポットの紹介的な様相ながら、香港、マカオの歴史から説き起こす力作である。

  • 過去の旅の記憶と現在が交錯するエッセイ。昨年の雨傘革命を始め、香港・マカオの変化を様々なテーマで書かれている。ガイドブックとは異なる香港・マカオの姿が描写されている。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

下川裕治
1954年(昭和29)長野県生まれ。ノンフィクション、旅行作家。
慶應義塾大学卒業後、新聞社勤務を経てフリーに。
『12万円で世界を歩く』(朝日新聞出版)でデビューし、
以後、アジアを主なフィールドにバックパッカースタイルで旅を続け、
次々と著作を発表している。
『週末ちょっとディープな台湾旅』『週末ちょっとディープなタイ旅』(朝日新聞出版)
『東南アジア全鉄道制覇の旅』(双葉文庫)など、著書多数。

「2018年 『旅がグンと楽になる7つの極意』 で使われていた紹介文から引用しています。」

週末香港 マカオでちょっとエキゾチック (朝日文庫)のその他の作品

下川裕治の作品

ツイートする