東京タクシードライバー (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.32
  • (2)
  • (6)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022618481

作品紹介・あらすじ

13人の運転手を見つめた、現代日本ノンフィクション。妻に逃げられた元ホームレス・石原裕次郎に「タメ口」をきいた男・気の優しい、いじめられっ子が持つ誇り…。事実は小説よりせつなくて、少しだけあたたかい。著者、渾身の傑作。第13回新潮ドキュメント賞候補作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者の山田清機氏は、早大政経学部卒業後、新卒で就職した大手鉄鋼メーカーを1年半で辞め、その後出版関係の仕事を経てノンフィクション作家となった、異色のライター。自らの過去の体験についても、「長いあとがき」として綴られている。
    本書は、東京のタクシー会社4社で働くタクシードライバー13人への取材に基づいて、それぞれの人生、様々なエピソードについてまとめたノンフィクション作品である。2014年に出版、2016年文庫化された。
    それにしても、タクシードライバーというのは、非常に特異な職業である。タクシードライバーになるために必要なものは、第二種運転免許(東京の場合は、更に地理試験)のみで、過去の職歴や年齢はあまり問われない。そして、タクシー代を払えるだけの金銭を持っていること(本書には、それすら持っていない乗客も登場するが)以外の条件は何もない見ず知らずの人間と、長ければ何時間も密室とも言える空間で過ごす。。。即ち、極めて多様な属性の人間同士が、偶然ほんの一時の接点をもつ、ある意味不思議な時・場所に関わる職業なのである。また、それ故に、そこでは時折、現代日本の首都・東京の縮図とも言えるようなエピソードが生まれるのだろう。
    タクシードライバーの体験を題材にした作品は、古くは梁石日の『タクシードライバー日誌』など、少なくはないが、本書の魅力は、著者自身が苦節の半生を送り、それが、登場人物から(必ずしも明るいものばかりではない)エピソードを引き出し、味わいあるものとして描かせているところではないだろうか。
    大都会東京で生きる人々の、悲しくも、ほの温かい物語が詰まった一冊である。
    (2016年3月了)

  • 4社の乗務員数人に取材した前職での挫折と現在の努力とちょっといい話が中心。所詮は4社乗務員、あまり過激で心打たれるエピソードはない。営業もお行儀良い4社スタイルでつまらん。それより著者のあとがきの方が行間から苦労が染み出てきて感動した。

  • 装丁が綺麗。確かに重松清が好きそうなやつだ。本編よりも長いあとがきのほうが印象に残った。パニック障碍当事者の生々しい闘病エッセイを読んだのは初めてかもしれない…

  • タクシードライバーってのは生きざまで、より所で、ため息なんだな。狭い空間の中、他人と同じ空気を吸い、同じ道を行く。ゆっくりと着実に、お気に入りのスピードで。目的地に到着後「ありがとう」と言える人間でありたい。そして、「こちらこそありがとう」と言える人間でもありたい。

  • [いろいろある街の,いろいろある職で]ありとあらゆる背景を携える人間が集う東京で,タクシードライバーとして働く人々を対象にして行ったインタビューを基にした作品。著者は,『東京湾岸畸人伝』でも知られる山田清機。

    短編集的なつくりになっているのですが,登場してくる人々が語る全ての話に哀愁と溶々たる感覚が漂い,なんとはなしに良い一冊でした。タクシーに乗るというちょっと贅沢な体験が,本書によってさらに楽しみになること間違いなしかと。

    〜「旦那,来年はいい年にしましょうよ。がんばってさ,来年こそいい年にしようよ」〜

    本書の「長いあとがき」も読み応えありです☆5つ

  • フィクションなのかノンフィクションなのか色々な人生があります

  • 27冊目。

  • 人間の強さと切なさが詰まった一冊。
    タクシー運転手は小さいときになりたいと思った職業の一つ。だからわたしは乗車のたびにいろいろとお話しさせてもらう。ドラマがたくさんで楽しいものだ。

全11件中 1 - 10件を表示

東京タクシードライバー (朝日文庫)のその他の作品

山田清機の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
伊坂 幸太郎
塩田 武士
平野 啓一郎
西 加奈子
朝井 リョウ
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする