アウトプットのスイッチ (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.54
  • (2)
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022618559

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学評論随筆その他】ヒットに必要なのはマーケティングよりもアウトプット 最終的に表現したもの の質が最重要。日本を代表するアートディレクターが明かす、まったく新しいクリエーティブ思考と仕事術。生物学者・福岡伸一氏との対談も収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ここでのアウトプットは「最終的に表出されたもの」ということのようです。
    それで判断されるってことで、だからアウトプットするにはたくさんのインプットが必要ということが書いてあるようにも感じた...というのも 本書の最後に生物学者の福岡伸一氏との対談があるんだけれどもその内容が一番心に残る。
    アウトプットは次のインプットに繋がること。
    生産的でないことが美しいのでないかと言っているところ
    等々...
    そして...発生してくる...
    ふむふむ...深いです。

  • 水野さんの大ファンで引き続き本を購入。
    内容は若干センスは〜の本と似ている部分があるが+アウトプットの方法ももちろんあって読み応えがあった。
    アウトプットはインプットにもなる。この繰り返し。

  • 20160416

    くまモンのデザイナーで知られるグッドデザインカンパニーの水野学さんの本。

    くまモンを創る過程は大変面白く読めた。初代ゆるキャラとも言える大人気キャラクターくまモン登場以降、どの県でも第2のくまモンを狙ってゆるきを作っているが、結局非公認のフナッシーぐらいしか現れていない。

    目的、設定がしっかりしていないとなかなか認められ無いのだろう。

    また、デザインに関して、商品について何っぽいか。考えることが、商品の本質を見極めるヒントになるという事も大変参考になった。

    最後に結構なページ量を使っている生物学者との対談は全く面白く無く、最後まで読むに耐えられなかった。無理にデザインに無関係な学者の講釈でページを増やさなくても本の体裁、文字の大きさ、配置など、構成全体をデザインして欲しかった。

    編集者がこの本の目的、どのような人が興味を持って読むのか、考えきれて無いように感じられたのが非常に残念。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

水野 学:クリエイティブディレクター/クリエイティブコンサルタント/good design company代表。1972年東京生まれ。1996年多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。パブロプロダクション入社。その後、ドラフトを経て、1998年good design company設立。ゼロからのブランドづくりをはじめ、ロゴ制作、商品企画、パッケージデザイン、インテリアデザイン、コンサルティングまでをトータルに手がける。
 主な仕事に、NTTドコモ「i D」、相鉄「ブランドアッププロジェクト」、熊本県キャラクター「くまモン」、「中川政七商店」ほか。自ら企画運営するブランド『THE』ではクリエイティブディレクションを担当。主な受賞に、London International Awards(Gold、Silver)、The One Show(Gold、Silver、Bronse)、D&AD賞(Silver、Bronze) CLIO Awards(Silver、Bronze)、朝日広告賞部門賞、毎日広告デザイン賞部門賞、日経広告部門賞、JAGDA新人賞など。

「2018年 『アイデア特別編集 good design company:1998-2018』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アウトプットのスイッチ (朝日文庫)のその他の作品

水野学の作品

ツイートする