日本国憲法をつくった男 宰相 幣原喜重郎 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (536ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022618931

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学評論随筆その他】戦後2人目の総理大臣となった73歳の老外交官・幣原喜重郎は、「天皇制の存廃」と新憲法制定という戦後最大の難問を背負った。マッカーサーと彼はどんなかけひきをしたのか? 昭和の激動とともに生きた幣原の一生を克明に描く長編評伝。〈解説・保阪正康〉

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 配置場所:摂枚文庫本
    請求記号:289.1||S
    資料ID:95161061

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1946年、高知県吾川郡いの町生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。雑誌編集者、記者などを経てノンフィクション作家に。『霞が関が震えた日』で第5回講談社ノンフィクション賞受賞。主な著書に『 安岡正篤 昭和の教祖』(文春文庫)、『田中角栄失脚』『日本国憲法をつくった男 宰相幣原喜重郎』(共に朝日文庫)、『内閣総理大臣の日本経済』(日本経済新聞出版社)、『安倍晋三の憲法戦争』(プレジデント社)、『辞める首相 辞めない首相』(日経プレミアシリーズ)、『国家の危機と首相の決断』(角川SSC新書)ほか。

日本国憲法をつくった男 宰相 幣原喜重郎 (朝日文庫)のその他の作品

塩田潮の作品

ツイートする