特攻隊振武寮 帰還兵は地獄を見た (朝日文庫)

  • 朝日新聞出版
4.33
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022619402

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学評論随筆その他】戦争末期、「振武寮」という特攻帰還兵が収容された施設があった。「次は絶対死んでみせる」。帰還者にそう思わせる精神教育をさせるそこで、著者の大貫氏は幽閉されていた。美化してはいけない「特攻」を経験した元兵士の貴重な記録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 特攻についてはずっと気になっていた。鴻上さんの「不死身の特攻兵」によってこの本の存在を知った。加藤典洋が言うように、先の戦争におけるこの国の加害責任は問われるづけなければならないが、この国の死者を弔うことの必要をも感じた。

  • 東2法経図・6F開架 210.75A/O68t//K

  • 絶版でしたが文庫で復活しました。
    特攻兵の生き残りの大貫さんの魂の物語。心が震えます。

  • 単行本で既読。

全5件中 1 - 5件を表示

大貫健一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×