安倍三代 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.29
  • (15)
  • (10)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 141
感想 : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022619617

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  

  • 世襲政治家の是非を問う本作。読む前までは、世襲について特に否定的な印象でもなかったが、読後は世襲議員やら比例議員で構成されている国会の現状に日本の将来が心配になった。
    戦時中に反戦を主張して翼賛選挙を非推薦で勝ち抜いた反骨精神溢れる祖父の安倍寛は、さぞや素晴らしい人格者だったのだろう。彼のような政治家が、またこの日本に生まれて欲しいと思う。

  • 安倍晋三に対して感じていた薄っぺらさを実証したルポルタージュ。父の安倍晋太郎が、「晋三は情が無いから政治家には向かない」といったというが、本文にはその件に関する直接な記載はないものの、安倍晋三の第三部いや全編を通して記載されている。

  • 著者は安倍総理の凡庸を嘆く以上に、世襲政治家達への反発が強いのだろう。

    世襲政治家達も極めて優れた立法・行政能力を持って入れば問題ないと思うのだが、そうではない為に問題となる。
    選ぶ方も選ばれる方も政治家は使い捨て、という感覚を持っておいた方がいいのではないか。
    選ばれた方は賞味期限が切れたら退いて別の生き方をする(その為には本業を持つ人が政治家になるべきであり、政治屋はいらない)、選ぶ方も賞味期限をかぎ分ける嗅覚を常に磨いておかなければいけない。

    安倍総理の地元でも少なくない人が実名で意見を述べている所に良心を感じた。

    祖父・寛の翼賛選挙を勝ち抜いた姿、父・晋太郎の異父弟の存在(知らなかった)、総理の兄のインタビュー等、読みごたえが多かった。

    紀伊国屋書店天王寺ミオ店にて購入。

  • 青木理をワイドショーで見て、「ジャーナリストとか言ってるけど、しょせんテレビコメンテーターでしょ」と舐めている人も多いかもしれない。かくいう自分が、つい最近までそうだった。見直すきっかけになったのは、死刑問題を扱ったノンフィクション「絞首刑」と鳥取連続殺人事件がテーマの「誘蛾灯」を読んだこと。「なめててごめんなさい」と謝りたくなるくらいおもしろかった。特に「絞首刑」はずーんと重い読後感があり、自分はこの本がきっかけで死刑廃止論者になったくらい。両作品とも、作品のテーマとなった事件に青木理自身が巻き込まれていくのが興味深い。取材対象と人間としての付き合いをしているから、そうなるんだろうなあと思ったりした。古き良き時代のノンフィクション作家の生き残りって感じ。

    さて、今作。第1部は、安倍総理の祖父・安倍寛の「反骨の志士」ぶりが、めちゃかっこいい。第2部の安倍晋太郎も味があっていい。安倍寛を誇る気持ちと、義父・岸信介への複雑な感情。二世議員としての屈託。実は地元下関の地盤は自分で開拓し、その中で在日朝鮮人と接点をもったこと。いい意味で昭和の政治家らしい懐の深さが目立つ。1部も2部も、青木理が取材対象に思い入れをもって書いているのがよくわかる。それが第3部の安倍晋三になったとたん、薄味になる。青木も文中で書いているが、取材を進めていくなかで取材対象に興味がなくったのがよくわかる。まあ、気持ちはわからんでもない。安倍総理が退任した後にでも、追補版をださないかな。

    山口で昔から安倍家を支持している人たちの証言が、興味深かった。みな口を揃えたように、「安倍晋三の政策は安倍寛・晋太郎と相容れないし、彼らと違って地元と接点がないから、思い入れもない」と言う。それなのに彼らの多くは、安倍晋三をいまでも支持しているようなのだ。たぶん土地に根ざすってこういうことだし、政治って政策じゃないんだよなあとあらためて思った。

  • 安倍の芯のない右であることの怖さを感じた。三代目のお粗末さは安部だけではないでしょ。政治となると怖いよね‼️

  • 寛と晋太郎の政治への意思の堅さと、自分自身の中の現状に対する脱力感が客観的に整理される良書であった。

  • 現在の安部晋三を作った経緯が分かり易く理解できた。祖父、父とそれぞれが歩んできた道や思想が違い、政治に対しての思いの温度差も感じられる。私も世襲を一方的に批判する訳ではないが、このまま階級が固定されるような社会に不安は覚える。才能や知識があっても、それをうまく表現するように立ち回らないと埋もれてしまうし、これは政治だけの話ではない。分かってはいるんだけど。。。

  • この国の総理大臣が憲法学の権威の教授も知らない、なんの理念も学生時代や社会人時代に醸成してこなかった薄っぺらい人だということがよく理解できた。そして、民主党政権の失敗で運良く総理になれてしまったことがよく理解できた。

  • 戦時中に反戦を唱えた祖父・寛。その志を継ぎ、リベラル保守の政治家として外務大臣を務めた父・晋太郎。学生時代の同級生、先生等誰に尋ねても、「凡庸ないい子」としか言われない現総理・晋三。何故、安倍晋三氏は安倍寛でなく、岸信介に寄って行ったのか?

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1966年生まれ。ジャーナリスト。1990年、共同通信社に入社。公安担当記者としてオウム真理教事件などを取材。退社後はフリー。著書に『安倍三代』(朝日新聞出版)、『情報隠蔽国家』(河出文庫)など多数。

「2023年 『諦国論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青木理の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
遠藤 周作
アンデシュ・ハン...
劉 慈欣
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×