大江戸魔方陣 徳川三百年を護った風水の謎 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.25
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022620224

作品紹介・あらすじ

徳川300年の栄華の裏には、呪術師たちが江戸の町に張り巡らせた風水の術があった。邪悪なものを阻み都市に繁栄をもたらすその風水術は現在も有効なのか?東京の下に眠る「結界」の全貌を地図から詳細に解き明かす。驚愕と興奮の歴史読み物である本書の待望の復刊! さらに「都庁を風水する」を新たに加える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 新装版ということで改めて読ませていただきました。

    前の著作も持っているので、再読になるのだとは思いますが(;^_^A

    しかし、相変わらずの加門さんの健脚ぶりには脱帽です。こちらの本の取材だけでどれだけ歩いているんですか?

    しかし、確かに風水的に見て江戸城は本当にすごい建物なのでしょうね。改めて、感嘆!

    できれば、災厄続きが少しでも収まってほしいと、読みながら思ってしまいましたわ。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

東京都墨田区生まれ。美術館学芸員を経て、1992年『人丸調伏令』で作家デビュー。著作に、『うわさの神仏』『うわさの人物』『猫怪々』『霊能動物館』『怪談徒然草』『お祓い日和』『鍛える聖地』『怪談を書く怪談』『『大江戸魔方陣』など多数。

「2020年 『お咒い日和 その解説と実際』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加門七海の作品

ツイートする
×