お金は「教養」で儲けなさい (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.42
  • (1)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 77
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022620422

作品紹介・あらすじ

巨額の資産を築くお金持ちは、裏では教養をフル活用している。「投資は教養を土台にしたシナリオ勝負」「IT起業家はなぜ東洋思想にハマるのか」など、教養ブームの中、お金持ち研究の第一人者がまとめる「儲かる教養」の身につけ方。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 一般教養がいかに大事か40過ぎると分かります

  • お金を稼ぐための教養=社会学、経済学、数学、情報工学、哲学、歴史学の観点から広く浅く紹介している。社会学ではゲマインシャフト⇄ゲゼルシャフト的組織の対比、経済学ではケインズ経済学と貨幣数量説、数学では帰納法と演繹法的考え方、哲学では唯物論と観念論から記号論、プラグマティズム的実践主義、歴史学ではローマに学ぶ支配から中国の伝統的冊封体制まで内容は幅広い。

  • 歴史の章が、最も納得のいく内容だった。

  • 再読大事

  • お金の話はほとんど出てこなく、教養の話でしかもつまらない分野の話で買わなければ良かった。最近2冊読んだお金の話に教養がプラスされた物を想像していたので完全に題名に騙された。最近このパターンが多い。また2度と買わない著者リストが増えた。

  • お金を儲けることだけではなく、社会人として身につけておくべき教養を身につけてられたと思います。
    広く浅く学びたい方におすすめです。、

  • お金を稼ぐためには、
    人間社会についての洞察が必要となる。
    そのときに、人や社会を理解しようとする
    学問や、人の思考や行動をよりよくしようとする
    工学は役にたつ。

    大衆になってはいけないが、
    大衆に受け入れられなければ、お金に、ならない。
    人が何に困っているのか、検索ワードが役に立つ。

    給与をもらうよりも、資本でお金を増やす方が
    リターンが大きい。




全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

経済評論家。仙台市生まれ。1993年東北大学工学部原子核工学科卒業後、日経BP 社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当。2000 年に独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は、「ニューズウィーク日本版」や「現代ビジネス」など多くの媒体で連載を持つほか、テレビやラジオで解説者やコメンテーターを務める。
主な著書に、『お金持ちの教科書』シリーズ、『ポスト新産業革命』(以上CCCメディアハウス)、『お金で絶対に苦労しない方法を教えてください!』(プレジデント社)、『億万長者への道は経済学に書いてある』(クロスメディア・パブリッシング)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)、『日本は小国になるが、それは絶望ではない』(KADOKAWA)、『中国経済の属国ニッポン』『貧乏国ニッポン』(幻冬舎新書)、『戦争と経済の本質』(総合法令出版)などがある。

「2021年 『一生困らないお金の習慣』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加谷珪一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
出口 治明
アンデシュ・ハン...
スペンサー ジョ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×