政治主導vs.官僚支配 自民政権、民主政権、政官20年闘争の内幕 (朝日選書)

著者 : 信田智人
  • 朝日新聞出版 (2013年4月10日発売)
3.44
  • (0)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :27
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022630001

作品紹介・あらすじ

C0331【社会科学/政治】「脱官僚」を掲げて迷走した民主党政権。日本の政治における「官僚支配」と「政治主導」の闘争の内幕を、90年代、自民党政権時代の制度改革から20年にわたって分析する。日本が再び活力を取り戻すための政治家と官僚のあるべき姿が見えてくる。

政治主導vs.官僚支配 自民政権、民主政権、政官20年闘争の内幕 (朝日選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本作品は合理的選択制度論(制度論と個人アクターを重視する立場)から官僚主導流れと政治主導の流れをひもといたうえで、民主党政権が官僚排除→管首相→自民党型への回帰(野田)

  • 著者は、議院内閣制度における「政治主導」とは「内閣、とくに首相を中心とした主導」とし、日本国憲法が想定していた「政治主導」が官僚の抵抗にあいながらも歴代内閣でどのような取り組みがなされてきたのかを概括している。

    中選挙区制から小選挙区制への移行が、やはり、政治主導をすすめるための重要なポイントであったと指摘している。

    官僚の抵抗はすさまじいものがある。しかしながら、政治を適切に動かし行くため所謂行政情報を独占している官僚の協力なくしては、一国の政治は適切に動くものではない。

    政治・行政にまつわるありとあらゆる情報を政治家と官僚がいかに共有していけるのか、はたまた、共有した情報を基盤にいかに天下国家のため有機的に展開していけるのか。

    ノブレス・オブリッジ、プリンシプル、プリミティブな正義感を基礎とする政治スタイルを毅然とトップが示し、官僚も喜々として協力せざるをえないようなマネジメント能力が求められる。

    そのような資質を備えた政治家が所謂民主的な選挙によって国民に選出されるかどうかは大いに疑問ではなるが(涙)。

  • 政治主導の何が善で、官僚支配の何が悪なのか、私たちが見極める必要がある。それはともかく、野田前首相はいずれ再評価されるべき政治家と思うのは、贔屓しすぎだろうか。

全3件中 1 - 3件を表示

政治主導vs.官僚支配 自民政権、民主政権、政官20年闘争の内幕 (朝日選書)のその他の作品

政治主導vs.官僚支配 Kindle版 政治主導vs.官僚支配 信田智人

信田智人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

政治主導vs.官僚支配 自民政権、民主政権、政官20年闘争の内幕 (朝日選書)はこんな本です

ツイートする