アサーションの心 自分も相手も大切にするコミュニケーション (朝日選書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.55
  • (3)
  • (8)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022630315

作品紹介・あらすじ

【哲学心理学宗教/心理】自己表現を非主張的、攻撃的、アサーティブに分けて自分を伝えるための技術として考えられがちなアサーションだが、「伝える技術」の先にあるその心とは──アサーションを導入・普及した著者が語る、アサーションという生き方。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • たしかブクログ経由でこの本を見つけて、ふと気になり図書館で予約しました。

    図書館の本なのに、一度も開いた形跡がなかったのでちょっとびっくりしましたが、私も選書を読んだのは、初めてかもしれません。

    流し読みしようと思っていたのですが、なかなか内容が面白く、全部読んでしまいました。

    アサーションとは、自分も相手の考えも大事にするコミュニケーションの取り方。と解釈しました。

    大事なのは、この辺りかなと思いました。
    ・自分の気持ちを素直に表す
    ・相手の考えも否定しない
    ・自分がアサーション的なコミュニケーションをとったとしても、相手もそうだとは限らないという事。

    著者がアサーションのコミュニケーションの仕方を説明する時には、以下の3種類に分類して、説明しておりました。
    ・攻撃的
    ・非主張的
    ・アサーション的

    今の私は、非主張的コミュニケーションが多いかなと思いました。自分の気持ちを素直に表す。というところが今の私には一番難しいのかなと思いました。

  • 自分も相手も大切にしたコミュニケーションを日本に広めた著者による、アサーションの「心」を探究していく著書。

    「自分だけアサーションを理解していても意味がない」「現実の様々な場面では中々使いづらい」といった声に耳を傾けた著者は、アサーションが、単なるコミュニケーションスキルの一手法に留まっているのではなく、人権などの社会的背景や感情などの心理的背景をつぶさに重ね合って、自分らしい生き方を見つけていくためのものであるということを強調している。

    相手に自分の要求を飲ませる方法であったり、相手からの要求にきっぱりとノーを突きつけるための方法がアサーションというわけではない。
    自分の感情を誠実に伝えるためのちょっとした工夫によって「自分が変わる」ことにより、相手との関係も少しずつ変えられるかもしれない、という意識をもつことが大切だと思った。

  • 日本でアサーション導入の背景なども詳しくかいてあって興味をもった。欧米では「人権」という概念で多様な理解しあえない人々のなかで生きるにあたって自分の身は自分で守るという発想があるが、日本では「私は相手を思い、相手は私を思うことで、お互いがよい人間関係を結べる」という発想から、人権という概念が日本においては攻撃的性質をもつなど興味深かった。
    アサーションそのものは「DESCL法」、状況を描写し(describe)、自分・相手の気持ちを表現し(emotion)、方法を提案する(specify)。それに対する相手の選択(choose)を聴く(listen)。ということで、理解ができれば、いたって平易である。
    ただ、思ったことというか、改めて気づかされたことは、この方法は相手がアサーティブな人、少なくとも普通の人でないと意味をなさない。ハラスメントを起こすような人に対してはDESCL法はまったく歯が立たない。

  • 自分も相手も大切にするコミュニケーションであるアサーション、そして対比される非主張と攻撃という自己表現のスタイルがどのように利用され、アサーション以外が人権を害するものであるということ、アサーティブに関わり・眺め、表現する方法(DESCL法:描写、気持ちの表現、提案、選択、聴く)が紹介されている。
    方法論よりもアサーションの意味や意義が説明され、自己チェックも考えさせられるが、簡単に身につくという訳にはいかない。
    15-130

  • 攻撃的でも非主張的でもない、生き方としてのアサーションについて書かれた書籍。

  • 心理学の授業の参考書になっていたので、手に取りました。
    まだ、全体を概観しただけですが、日常的に参考になる本だと思いました。

    他者を尊重すると同時に、自分をも尊重する。
    そこには、調和と、お互いの間に生まれる「第3の人格」がお互いを包み込むのだと感じます。

    私自身、スピリチュアルの仕事を通じて、自分が導かれた地点を、この本はよく説明してくれていると感じています。

  • ACとも関連して読んだ。具体的な所まであと1歩足りないが、自己主張の正しい方法が多くの精神的な苦しみを救い得ると分かった良著。

  • 相手を操作しない話し方を調べて。
    私は今、相手を操作しない話し方、話の聴き方を調べています。

    その参考として、アサーション、アサーティブネスの本を当っています。
    この本のタイトルは、大喜利です。

    アサーションの心とときまして〜・・・。
    アサーティブネスの古典、「第四の生き方」も参考文献に書かれていました。

    P76
    ・アサーティブの発祥
    人間性回復運動1960〜1970年代
    人種差別、女性差別などによる人権侵害が考えられていた頃にまで遡る。
    性差別撤廃・男女同権を促進するためにアサーティブは貢献した。

    第四の生き方も読んでみて、この本を理解する上で参考になりました。
    ビックリしたのが、「女性のための」と強く書かれている所でした。
    やっぱり時代背景も色濃く感じられ、そういう運動の中で生まれた「自分も相手も大事にする」という核心は力強いものを感じました。

    P80
    ・人間性心理学
    1960年代から押し寄せた新しい潮流。
    新しい心理学をとなえる人たちは、それまでにあった心理学は、精神分析・行動主義心理学を中心として、人間の欠陥や病理をテーマとしていて、否定的な側面や偏りがあると批判した。

    人間性心理学は、人間の主体性・創造性・自己実現といった人間の肯定的側面をテーマとして宣言した。

    アサーションは、人間性心理学を基礎として実践されてきました。

    ・タイトルに戻って
    アサーションの心
    核心は、歴史的な差別撤廃の運動を背景とした時代から始まり、自分も大事にして相手も大事にするにはどの様にコミュニケーションをとればいいんだろう?
    という問いからだった。

    攻撃的では、自分は良くても相手は傷つく。
    非主張的では、相手はいいかもしれないけど、自分を大事にできない。

    人間性心理学の畑で、開発・研究されて・・・
    両立するためには、相手の話を丁寧に聴き、自分の気持ちも表現して伝えていい。
    それがアサーションの心なんだなと解釈しました。

    ・違いを受け入れて
    自分も相手も違いがあります。
    違うから比較・競争するのか、違いで共存・協力するのか、それは選べますよね。

    違いを認める、受け入れる。
    それは小さな違いも大きな違いも受け入れつつ、コミュニケーションをとると言った基本を考えさせられた良い機会になりました。

    参考になる一冊でした。
    ありがとうございました。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

統合的心理療法研究所(IPI)所長、臨床心理士、家族心理士。臨床心理士養成指定大学院において20年余、臨床心理士の養成・訓練に携わる傍ら、IPI(統合的心理療法研究所)を主宰し、心理療法の理論・技法の統合を追求し、 統合を志向する臨床科との相互交流・研究活動を推進。著書に『改訂版アサーショントレーニング』金子書房、『図解自分のきもちをきちんと伝える技術』PHPほか多数。

「2020年 『マンガでやさしくわかるカウンセリング』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平木典子の作品

アサーションの心 自分も相手も大切にするコミュニケーション (朝日選書)を本棚に登録しているひと

ツイートする