鉄道への夢が日本人を作った 資本主義・民主主義・ナショナリズム (朝日選書)

  • 35人登録
  • 2.75評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 張彧暋
制作 : 山岡由美 
  • 朝日新聞出版 (2015年10月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022630377

作品紹介

「ここに鉄道が通ったならば…」まだ線路が敷かれていないにもかかわらず、近代の日本人は鉄道が多大な利益をもたらすと信じ、鉄道に大いなる期待を寄せていた。「鉄道は役に立つ」と、鉄道建設の大事業をなしとげるため、債券によって資金を募り、会計制度、商業法などを整備する過程で資本主義が行き渡った。鉄道未敷設の地域では、政党政治家が有権者に敷設の公約を掲げて投票を促し、住民が中央へ陳情を繰り返すなど、民主主義的な行動で鉄道敷設の夢を実現しようとした。鉄道で各地を巡幸する天皇をみた人々は、特別仕立ての列車に国体を実感した。鉄道への信仰が近代化をおし進め、「日本人」を作ったのだが、果たしてその鉄道信仰には根拠があったのか-。歴史社会学という観点で日本の近代化の特殊性を描き出す意欲作。

鉄道への夢が日本人を作った 資本主義・民主主義・ナショナリズム (朝日選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  日本人は無自覚に鉄道の有用性を信じている。
     資本主義、民主主義、ナショナリズム、この三つの要素が鉄道とともに日本独自の発展を遂げることになる。
     最初は、鉄道でなくてもよかった。
     それがいつの間にか鉄道でなくてはならい、鉄道は必ず役に立つ、そのような信仰が生まれてきた。

     著者は香港人、外国から見ると日本の鉄道信仰は奇異に思えるのだろう。
     外国に比べ、狭い国土に鉄道を張り巡らせることは尋常ではない。

     そこが日本人の視点と違う。日本人は、鉄道ができたからこそよかった、という結果から鉄道の有用性を信じている。

     なぜ鉄道でなくてはならなかったのか。
     根本に立ち返った視点が新しい。

全1件中 1 - 1件を表示

鉄道への夢が日本人を作った 資本主義・民主主義・ナショナリズム (朝日選書)のその他の作品

張彧暋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン ワ...
アンソニー・B・...
ジェイコブ ソー...
有効な右矢印 無効な右矢印

鉄道への夢が日本人を作った 資本主義・民主主義・ナショナリズム (朝日選書)はこんな本です

ツイートする