例外小説論 「事件」としての小説 (朝日選書)

著者 : 佐々木敦
  • 朝日新聞出版 (2016年2月10日発売)
2.25
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :41
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022630414

作品紹介

【文学/日本文学評論随筆その他】「例外」は普遍性と個別性との間の不均衡から生まれる。小説においても例外状況は現出し、多くの優れた「例外小説」がある。筒井康隆から円城塔、舞城玉太郎、伊坂幸太郎まで、二項対立と分断を脱却し「小説」の本質に迫る、文芸批評の新しいかたち。

例外小説論 「事件」としての小説 (朝日選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 序文を読んで一本の長い論考なんだと思ったら、文庫解説や書評をまとめた本だった。途中までそれに気づかなかったのは、確かにその序文で言うような「例外小説」を取り扱った書評が多く一種のカラーがあるからだと言えるが、「なんだただまとめただけの本だったのか…」と気づいたときはがっかりした。序文でちゃんと説明すべきでは?
    文庫解説などで一部容赦ないネタバレもあるので注意。ただ解説を読んで面白そうだなと思う本も多くあった。現状それらに手を出せるのはかなり先になってしまいそうだが…。
    巻末に納められた「はじめての小説論」に関しては、著者の主張にほとんど賛同することができなかった。

  • 佐々木敦「例外小説論」
    http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=17774 … 読んだ、おもしろかった!筒井康隆、円城塔、伊坂幸太郎、阿部和重、桐野夏生、保坂和志などなど30もの作品を取り上げて、作品毎に例外の定義説明がある。メジャー/マイナーの対比ではない。小説とは何か(つづき

    ジャンル分けできなかったり実験的だったり小説の通念からはみ出ていたり、例外の理由も作品ごとに異なる。だからこその例外。堀江敏幸の本を読んだときのように、扱われている全部の作品を読みたくなる。いい人見つけた。そういえば堀江敏幸もこれは小説なのエッセイなの?思う作品があるなあ(おわり

  • 佐々木敦「例外小説論」http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=17774 … 読んだ、おもしろかった!筒井康隆、円城塔、伊坂幸太郎、阿部和重、桐野夏生、保坂和志などなど30もの作品を取り上げて、作品毎に例外の定義説明がある。メジャー/マイナーの対比ではない。小説とは何か(つづき

    ジャンル分けできなかったり実験的だったり小説の通念からはみ出ていたり、例外の理由も作品ごとに異なる。だからこその例外。堀江敏幸の本を読んだときのように、扱われている全部の作品を読みたくなる。いい人見つけた。そういえば堀江敏幸もこれは小説なのエッセイなの?思う作品があるなあ(おわり

全3件中 1 - 3件を表示

佐々木敦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミシェル ウエル...
恩田 陸
J.L. ボルヘ...
中村 文則
夏目漱石
村田 沙耶香
筒井 康隆
有効な右矢印 無効な右矢印

例外小説論 「事件」としての小説 (朝日選書)はこんな本です

ツイートする