くらしの昭和史 昭和のくらし博物館から (朝日選書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022630629

作品紹介・あらすじ

【歴史地理/日本歴史】「ALWAYS 三丁目の夕日」などで誰もが懐しむ昭和20年代後半-30年代、日本人はくらしの何かを捨て何かを選んだ。だがその選択は正しかったのか。「昭和のくらし博物館」館長の筆者が企画展の成果から、くらしから見た昭和の変動を描き出す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前半は、「昭和のくらし博物館」で催された企画展をベースにしている。後半は、著者自身の昭和の思い出と家族の歴史を中心に。


    前半部分については、過去にも書籍化されている部分が多く、それらを読んでいる人には目新しい記事は少ないかもしれない。
    後半は、著者(1933年生まれ)自身の家族の歴史を語りつつ、昭和の一般家庭の姿を描き出す。

    現在、「昭和のくらし博物館」として使われている建物は、著者の父が建てた家。その家ができあがるまでのことも詳しく書かれている。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

昭和のくらし博物館館長。元京都女子大学教授。『昭和のくらし博物館』『ちゃぶ台の昭和』『昭和の結婚』など多数。松本家住宅、朝香宮邸など、多くの文化財建造物の家具インテリアの修復復元に携わる。工学博士。

「2018年 『新装版 ちゃぶ台の昭和』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小泉和子の作品

ツイートする