抑留を生きる力 シベリア捕虜の内面世界 (朝日選書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022631176

作品紹介・あらすじ

飢え、酷寒、重労働という「三重苦」に耐え、シベリア捕虜たちが生き抜いた強さはどこから生まれたのか。残された絵画、俳句・川柳・短歌のほか沿海地方などの楽劇団の活動から、苦難の体験を「生きる力」に変えた芸術表現や精神性をたどる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  シベリア抑留の過酷な状況は前提の上で、本書では抑留自体よりも収容所での文化活動、ロシア人との交流、ロシアに留まった人々などを取り上げる。収容所でも楽しみはあった、などとは軽々しく言えないが、一定の文化活動はあったことが分かる。数は少ないが日本とロシア双方の妻の間で葛藤したという、映画「ひまわり」のような話もある。
     著書は、「民主運動」は必ずしも共産主義思想の教育ではなかったとしているが、「人民裁判」と称する吊し上げがあったのも事実。またいずれは日本でも社会主義移行という戦略がソ連にはあったようだ。特にアクチヴは日本共産党に加入すべきものとされていたという。一方で1949年当時、日本共産党はソ連を礼賛し、抑留者の望郷を描く歌や映画に抗議したという。イデオロギーがいかに目を曇らせるかが分かる。

  • シベリア抑留を理解する8つのポイント
    第1部 収容所の文化活動
    「異国の丘」誕生話
    楽・劇団の登場
    絵画は宣伝の道具か
    俳句・川柳と短歌

    第2部 日本人とロシア人の交流
    ロシア語と通訳たち
    名通訳の南信四郎と戸泉米子
    コムソモリスク墓参と交流
    アムール州墓参と交流

    第3部 望郷、一時帰国か永住か
    ハバロフスクに生きて―吉田明男と田中猛
    二つの愛、二つの祖国―蜂谷彌三郎
    祖国で暮らし異郷へ

    第4部 資料ゼロから始めて
    あるソ連帰化者―ロシア紙記事から
    ある満鉄調査マン―外国発メールから

    運動史―要求から記憶の伝承へ

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

(とみた・たけし)
1945年福島県生まれ。東京大学法学部卒業。成蹊大学名誉教授。ロシア・ソ連政治史、日ソ関係史。著書『スターリニズムの統治構造――1930年代のソ連の政策決定と国民統合』(岩波書店1996)『戦間期の日ソ関係――1917-1937』(岩波書店2010)『シベリア抑留者たちの戦後――冷戦下の世論と運動 1945-56年』(人文書院2013)『シベリア抑留――スターリン独裁下、「収容所群島」の実像』(中公新書2016、アジア・太平洋賞特別賞)『日本人記者の観た赤いロシア』(岩波書店2017)『歴史としての東大闘争』(ちくま新書2019)『シベリア抑留者への鎮魂歌』(人文書院2019)『日ソ戦争1945年8月――棄てられた兵士と居留民』(みすず書房2020)『ものがたり戦後史――「歴史総合」入門講義』(ちくま新書2022)『抑留を生きる力――シベリア捕虜の内面世界』(朝日選書2022)。編著『シベリア抑留関係資料集成』(共編、みすず書房、2017)、訳書 バーシェイ『神々は真っ先に逃げ帰った――棄民棄兵とシベリア抑留』(人文書院2020)ほか。

「2022年 『日ソ戦争 南樺太・千島の攻防』 で使われていた紹介文から引用しています。」

富田武の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×