街道をゆく〈30〉愛蘭土紀行 1 (朝日文芸文庫)

著者 :
  • 朝日新聞
3.83
  • (19)
  • (18)
  • (22)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 184
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022640017

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アイルランド人を評する言葉で、「ざっかけない」という表現を初めて知った。

    司馬遼太郎がアイルランドを旅行したのは1980年代の終わりであり、「ケルティック・タイガー」と呼ばれる奇跡の経済活況でアイルランドが豊かに生まれ変わる20年前のことなので、現在とは事情が異なる部分が色々ある。
    が、イギリスと浅からぬ因縁を持つ歴史をしょったアイルランドという国の概観を、この本と続巻を読むことで得ることができるだろう。

    さて、今はもうレプラコーンは見かけないだろうなあ。

  • 日本人にとってアイリッシュウィスキー、ビートルズ、移民ぐらいしかなじみが無い、遠い北の島国アイルランドへ旅する紀行文。歴史の中で英国による「支配と差別」という悲哀と辛酸をなめ続け今なおテロ紛争が続き、民族的しこりが残る、素朴で陽気で頑固なカトリック系ケルト民族の国を相変わらずの博識ぶりで紹介してくれる。「愛蘭土紀行」は二冊続きのせいか、アイルランドにたどり着くまでが長いし、話があちこち飛んでいる(笑)まずケルト民族、ロンドンの街、カトリック、新教英国国教会の概要、イギリス史などなどの多彩な前知識が日本からロンドン、そして列車でリヴァプールそこから飛行機でようやくダブリンへの行程で語られる。ヨーロッパは北欧を除いて大抵旅してまわったが、唯一の例外がこの「愛蘭土」いつか今なお色濃く残るケルトや妖精の文化を持つ国へこの本と共に行ってみたいものだ。

  • 司馬さんの独特の世界観とともに繰り広げられるアイルランドの旅。上巻に当たるこの本では実はアイルランドに入る前のイギリスの話が多かったりする。日本ではあまり語られることのない「負のイギリス」に視点をあてているところはさすがは司馬遼太郎。

  • 世界のどこに行っても司馬遼節炸裂、蘊蓄、脱線のオンパレード。
    でも紀行ものってこれで良いと思う。旅、ましてや異国の地では色んな事を感じ、考える。そういう意味で司馬遼の本領はこのジャンルでこそ発揮されるという気がします。
    しかし宗教ってもんは何というか厄介な怪物ですなぁ、昔も今も。

  • 新書文庫

  • 2013.2.4 読了

  • 【内容】
    アイルランドを種にしてあれこれ考える。
    撒きちらされる知識。

    【類別】
    随筆、紀行。

    【着目】
    要素においてアイルランドも紀行も少ないので注意してください。
    あくまでも軸足は日本に置いてあります。

    【構成等】
    文体についてはとても読みやすく、構成では話が飛びがちなので読みづらく感じました。
    本書の末にてようやくその地を踏み、アイルランドの話題が増します。導入として、先に重要な関連性のある英国や米国から触れているのでしょう。

    【備考】
    以前に希望聴取され贈られていたものを繙読しました。
    本書は上巻に該当します。下巻のレビューは下記。
    http://booklog.jp/users/70x20/archives/1/4022640022

  • 2も続けて読了。20年前って、こんなに世の中、今と違ったっけ?! と、妙なところで驚いてしまった。日本語の変遷も目の当たりにし、日本語の勉強にもなったよ。アイルランドは、某国に留学していたとき、ダブリンに住んでいたアカの他人のブログを読んでいて、なんとなくイメージは持っていたけれども、そのイメージどおりだった。個人的には、アイスランドやスコットランドには行ってみたいけれど、アイルランドはそうでもないかな。

  • 14/9/21読了

  • 2巻続きのアイルランド1巻目。イギリス本土(ブリテン島)の西に浮かぶ島国。著者はイギリス経由で向かうが、本の2/3ほどはイギリスに留る。支配被支配の歴史、プロテスタント(英)とカトリック(愛)など複雑な両国の関係を語るためである。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

司馬遼太郎は、1923年、大阪市生まれの日本の歴史小説家・エッセイストである。故人。
本名、福田 定一(ふくだ ていいち)。大阪府大阪市生まれ。筆名の由来は「司馬遷に遼(はるか)に及ばざる日本の者(故に太郎)」から来ている。
特に歴史小説の大家として知られ、代表作は「竜馬がゆく」「坂の上の雲」「翔ぶが如く」「燃えよ剣」「新撰組血風録」「菜の花の沖」「花神」「世に棲む日日」「梟の城」「関が原」「功名が辻」「国盗り物語」「街道をゆく」「十一番目の志士」「城をとる話」「風神の門」「二十一世紀に生きる君たちへ」他多数。その多くが大河ドラマ化、テレビドラマ化、映画化、コミック化などの形でマルチメディア展開されている。

司馬遼太郎は産経新聞社記者として在職中の1960年に、『梟の城』で直木賞を受賞。
1966年に『竜馬がゆく』『国盗り物語』で菊池寛賞を受賞したのを始め、数々の賞を受賞。
戦国・幕末・明治を扱った作品が多い。
1996年2月に72歳で逝去。
2001年には、東大阪市の自宅隣に司馬遼太郎記念館が開館。

司馬遼太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

街道をゆく〈30〉愛蘭土紀行 1 (朝日文芸文庫)に関連するまとめ

街道をゆく〈30〉愛蘭土紀行 1 (朝日文芸文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする