F1地上の夢 (朝日文芸文庫)

著者 : 海老沢泰久
  • 朝日新聞 (1993年6月発売)
4.00
  • (5)
  • (7)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :55
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022640093

作品紹介

ホンダにはレースの夢に憑かれた男たちが集まっていた-。モータースポーツの頂点、F1グランプリ。日本のホンダがF1に参戦して二十余年、遂にワールド・チャンピオンとなって世界を極めた。A・セナやA・プロスト、ウィリアムズやマクラーレン・チームと共に闘ってきた男達の光芒の軌跡。

F1地上の夢 (朝日文芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 清々しい。

  • 図書館で借りて読んだ。
    石原 明先生の「成長曲線を描こう」の推薦図書のリストに有ったので読んでみた。
    ホンダのF1チームのエンジン開発担当者が次々発生する苦難に対応し多忙を極める事により、能力を身につけ成長する様が勉強になった。
    また、内容自体も、自分がリアルタイムでF1をテレビでみていたころの少し前までの話で、知らなかった事がわかりとても面白かった。

  • ホンダスピリットが伝わってきます。
    【熊本大学】ペンネーム:Y・Y

  • F1が実は大好きで、この本はホンダのF1挑戦の歴史ですね。川本信彦元社長を中心に、ホンダの人々がどうやってF1に挑戦したかが書かれていて面白いです。

全4件中 1 - 4件を表示

F1地上の夢 (朝日文芸文庫)のその他の作品

F1地上の夢 (朝日文芸文庫) Kindle版 F1地上の夢 (朝日文芸文庫) 海老沢泰久
F1地上の夢 単行本 F1地上の夢 海老沢泰久

海老沢泰久の作品

ツイートする