銀色のフィレンツェ―メディチ家殺人事件 (朝日文芸文庫)

著者 : 塩野七生
  • 朝日新聞 (1993年10月1日発売)
3.70
  • (29)
  • (44)
  • (72)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :381
  • レビュー :22
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022640253

銀色のフィレンツェ―メディチ家殺人事件 (朝日文芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  またマルコに会えて嬉しいです。前作同様、マルコの育ちの良さや教養、タダ者ではない人物達に信頼される、有能っぷりは健全です。CDXを一時追放されたマルコの、優雅な貴族の目的のない旅路の始まりです。公務ばかりで他国をきちんと見た事がない、という理由で立ち寄ったフィレンツェで、まさかのオリンピアとの再会を果たします。宿屋のジョヴァンニ、メディチの若者ロレンツィーノ、老貴族フランチェスコなど、マルコの親しみを感じさせる態度から、人間関係が広がっていき、人脈と知恵で囚われたジョヴァンニを救出したり、食事に招かれたりするようになります。
     最後まで読みましたが、アレッサンドロ公爵は本当に人間のクズですね。ロレンツィーノは最初、妹に恋愛感情を持っているのかな?と思っていたのですが、自分が汚れ役を引き受けて、最後まで妹の幸せを願っているお兄ちゃんでしたね。計画実行から、その後の不安定な心理状態まで、すごくリアルでした。
     まさかここで、こんな形でボッディチェリやマキャヴェッリに会えた事に興奮を覚えました。
     次はいよいよ三部作の最終作品です。今から読むのが楽しみです。

  • 2作目。マルコ君旅に出るの巻。お金持ちで風采も性格も頭も良いマルコ 君。見ていてほんと気持ち良いね。この時期のフィレンツェ、メディチ家のことが少しつながった。

  • 緋色のヴェネツィアの続編。フィレンツェが、絶対君主制へ完全に移行してしまう経緯を描く。マルコがアルヴィーゼを思い出す場面にしんみりしたり。ヴェットーリがいい味出してる。マルコとヴェットーリの、政治体制に対する問答は、今の日本にも通じるものがあると思った。首飾りって一角獣を抱く貴婦人の絵のことなんかな。

  • 第三部に続くんだけどヨカッタ、良かったよフィレンツェ。斜陽にさしかかったかつての花の大都市が、スペインから来たバカ殿に手を焼きながら、誇り高い共和政から専制君主制に完全に移行してしまった時代の話。西洋美術に知識があれば、さらに楽しめるよ。

  • ヴェネツィア、フィレンツェ、ローマとルネサンス期イタリアを舞台にした三部作の二作目。フィレンツェ公アレッサンドロ・デ・メディチ暗殺事件をテーマに、史実とフィクションを織り交ぜて描かれる。
    とにかくフィレンツェの街の描写が素晴らしい。昔旅行で訪れた際に見たポンテ・ヴェッキオやメディチ宮、ウフィッツィなどを思い浮かべながら読むと、より一層楽しめた。
    ヴェネツィア人マルコの目を通すことで、衰退に向かっているフィレンツェと、今まだ盛りのヴェネツィアの対比が見事に浮き彫りにされている。
    個人的には、三部作のなかでも、この作品が一番好き。

  • ヴェネツァ・フィレンツェ・ローマと巡る三部作。
    個人的にも第二巻、銀色のフィレンツェは好みである

    何より本書の中に細かく描写されているフィレンツェ(特に橋の描写)は、すばらしい。

    都市のそこここにある息遣いが余すところなく表現されていて、憧れ度合いを増幅する。
    ルネサンス時代の黄金期を少し下ったフィレンツェの情景が、塩野氏の鋭い歴史的考察に支えられて活き活きと蘇る。ノンフィクションとそれに寄り添うフィクション。
    読み手を飽きさせない。

  • 史実をちりばめながら、一点フィクションを入れてその視点から当時の歴史を見るという、私の最も好きなジャンルの小説でした。

    衰退期のフィレンツェのなかで、知識人たちが、ワインを飲んで議論をしながら生活している世界。
    いいなぁ・・・。最近の社会は、古典に学ぶこととか、ゆったりすることとかが、評価されなくなっているように感じる。

  • (1996.07.16読了)(1994.01.12購入)
    (「BOOK」データベースより)
    若きヴェネツィア貴族マルコ・ダンドロは花の都フィレンツェを訪れたが、かつての共和国は今や大国を後楯にする公爵の独裁下にあった。その専制君主をめぐるメディチ家の陰謀に巻き込まれるマルコと遊女オリンピア…。16世紀前半、翳りゆくルネサンス・イタリアを描く絢爛たる歴史絵巻第二部。

    ☆塩野七生さんの本(既読)
    「海の都の物語(上)」塩野七生著、中公文庫、1989.08.10
    「海の都の物語(下)」塩野七生著、中公文庫、1989.08.10
    「コンスタンティノープルの陥落」塩野七生著、新潮文庫、1991.04.25
    「ロードス島攻防記」塩野七生著、新潮文庫、1991.05.25
    「レパントの海戦」塩野七生著、新潮文庫、1991.06.25
    「男の肖像」塩野七生著、文春文庫、1992.06.10
    「男たちへ」塩野七生著、文春文庫、1993.02.10
    「緋色のヴェネツィア」塩野七生著、朝日文芸文庫、1993.07.01

  • 塩野七生の文章に引き込まれる。史実とフィクションが混ざっているが、違和感なく素晴らしい。中世フィレンツェあたりが好きな人は読んでみるべき。

  • どこまで史実として理解してもよいのか判断がつかないのだが、花のルネサンスの終焉をロマンチックに辿ることができた。ロレンザッチョという劇になっているということが著者の後書きに記されていた。後ほど確認したい。
    メディチ家の結末。古代美術品に対する人々の姿勢。マキャヴェリズム。普段、敬遠しがちな思想についても登場人物たちが生き生きと、より現実的に教えてくれた。
    読みやすく、わかりやすい。1536年フィレンツェに引き込まれて、一気に読み上げてしまった。登場人物にも親しみが持ちやすく、より一層物語の世界に入り込むことが出来たと思う。

全22件中 1 - 10件を表示

塩野七生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

銀色のフィレンツェ―メディチ家殺人事件 (朝日文芸文庫)に関連する談話室の質問

銀色のフィレンツェ―メディチ家殺人事件 (朝日文芸文庫)はこんな本です

銀色のフィレンツェ―メディチ家殺人事件 (朝日文芸文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする