街道をゆく〈33〉奥州白河・会津のみち、赤坂散歩 (朝日文芸文庫)

著者 :
  • 朝日新聞
3.52
  • (5)
  • (8)
  • (19)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 128
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022640376

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新書文庫

  • 2013.2.2 読了

  • 14/8/7読了

  • 古代における白河は都の歌人憧れの地であった。近代では戊辰戦争。東北の一角は「なにから書きはじめていいかわからない」と著者が嘆くほど歴史が濃い。赤坂は東京の赤坂。今はただの窪地になっている「溜池」を中心に歴史の重層を味わう。

  • 「奥州白河・会津のみち」と「赤坂散歩」を司馬さんの語りで時空散歩させていただいた。

    今回、ロシア正教の教会絵を書かれた山下りんさん、空海、最澄と壮絶な論争をした徳一さんと出合った。

    また、動乱の時代に生きた松平容保、高橋是清のこと。

    終戦後、東寺に入り浸り、日本の宗教にまこと造詣の深い司馬さんならではの挿話を聞きながらの時空散歩は最高でした。

  • 白河・会津のみち

    小説はしっくり来ない司馬遼太郎だが、「街道をゆく」シリーズには、考えるヒントが散りばめられていて、なかなか。

    ・東北、とくに福島県のいびつな発展の原因は、少なくとも戊辰戦争にまで遡らなければならないこと(明治政府はなぜ郡山という都市を新たに建設したのか)。

    ・格差社会では、水準以上の文化やモラルが維持できないこと(大内宿の保存、会津藩の体制と教育水準)。

    実際にものを見て、考える。こういう姿勢をこころがければ、旅行の質が格段に上がりそう。

  • やっぱ司馬さんはおもしろいなあ

  • 買った本。会津の道まで読んだ。会津方面へ旅行へ行くために勉強した。会津の各地が歴史に絡めて描かれていて面白い。陸奥が平安歌人の憧れの地であったとか、最澄のライバルであった徳一の話とか、イコン画家のひとの話であるとか、会津藩についてとか。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

司馬遼太郎は、1923年、大阪市生まれの日本の歴史小説家・エッセイストである。故人。
本名、福田 定一(ふくだ ていいち)。大阪府大阪市生まれ。筆名の由来は「司馬遷に遼(はるか)に及ばざる日本の者(故に太郎)」から来ている。
特に歴史小説の大家として知られ、代表作は「竜馬がゆく」「坂の上の雲」「翔ぶが如く」「燃えよ剣」「新撰組血風録」「菜の花の沖」「花神」「世に棲む日日」「梟の城」「関が原」「功名が辻」「国盗り物語」「街道をゆく」「十一番目の志士」「城をとる話」「風神の門」「二十一世紀に生きる君たちへ」他多数。その多くが大河ドラマ化、テレビドラマ化、映画化、コミック化などの形でマルチメディア展開されている。

司馬遼太郎は産経新聞社記者として在職中の1960年に、『梟の城』で直木賞を受賞。
1966年に『竜馬がゆく』『国盗り物語』で菊池寛賞を受賞したのを始め、数々の賞を受賞。
戦国・幕末・明治を扱った作品が多い。
1996年2月に72歳で逝去。
2001年には、東大阪市の自宅隣に司馬遼太郎記念館が開館。

司馬遼太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

街道をゆく〈33〉奥州白河・会津のみち、赤坂散歩 (朝日文芸文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする