僕に踏まれた町と僕が踏まれた町 (朝日文芸文庫)

著者 : 中島らも
  • 朝日新聞 (1994年6月1日発売)
3.50
  • (6)
  • (7)
  • (20)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :90
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022640413

僕に踏まれた町と僕が踏まれた町 (朝日文芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 特に面白いとも何とも言えなかった。
    学園紛争時代を鮮明に綴る青春群像作品と言える

  • この人の本好きだ。

  • 中島らもの人となり、来し方がよくわかる一冊。
    てっとり早く「中島らも」を知りたいなら、まずこの作品から。

  • 中島らも、いいな。おいらが青春時代をすごした神戸・三宮のエピソードが多いのも良い。

  • 中島らもが好きで、
    薬、酒。まー、地元
    中島らも好きにろくなヤツいない笑

全5件中 1 - 5件を表示

僕に踏まれた町と僕が踏まれた町 (朝日文芸文庫)のその他の作品

中島らもの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

僕に踏まれた町と僕が踏まれた町 (朝日文芸文庫)はこんな本です

ツイートする