東海林さだおの弁当箱―自選・特選 あれも食いたい これも食いたい (朝日文芸文庫)

  • 朝日新聞社 (1995年4月発売)
3.77
  • (9)
  • (5)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
  • 83人登録
  • 9レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (791ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022640673

東海林さだおの弁当箱―自選・特選 あれも食いたい これも食いたい (朝日文芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 食のエッセイに関しては、右に出るものはいないと言っても過言ではない「まるかじり」シリーズのショージ先生。その「まるかじり」からのベストセレクションということになるのだろうけれども、これが129本もあるというゴーカ版というかなんというか。約半数だからネ。

    1つのエッセイについて6ページ。なんと総ページ数は約800ページにも渡るという、オッソロしい本でありますが、それほど厚くもないし(厚いけど)、重くもない(重いけど)。朝日文芸文庫って、ワラバン紙みたいな薄くて悪い紙を使っているんですよね。

    さて、内容はただでさえ面白いエッセイ集からのセレクションだけあって、安定の切れ味。というか、いろいろと間違った方向にも「こだわり」を感じる、良い作品ばかり。のっけから「麺類・矢も盾も属・サンダル科・小走り目…」と素晴らしき言語感覚で突っ走ってくれる。逆に、何でそういう人が今はいないのか。

    また、ショージさんのエッセイには欠かせないイラストもコンスタントに挿入され、ニシシと笑いながら読んでしまうわけだ。

    しかし、全然終わらない。

    500ページ読んでも、まだ300ページも有るのである。1冊分だ。そろそろ終わりかと思っても、そこから100ページである。

    1冊でそこまで読める贅沢感はあれど、やっぱり1冊を一気に読む本ではないね。机の端においておいて、ちびちびと読むか、ランダムに開いたところを読む、そういう本であろう。

  • 1999.8.17〜23 読了

  •  
    ── 東海林 さだお《弁当箱 ~ 自選・特選
    あれも食いたい これも食いたい 199504‥ 朝日文芸文庫》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4022640677
     
    (20150315)
     

  • ありとあらゆる食べ物が、東海林さだお流に調理されている。
    800ページ近くの大ボリュームに満足。
    お腹いっぱい。
    ご馳走様でした。

    2013.9.1読了

  • ぱかっと開いたところどこを読んでもおもしろい。

    電車で読んだら手が疲れるくらいのボリューム!読みごたえありのベスト版です。

  • 食べ物への愛情深いエッセイを尽きることなく繰り出し続ける著者の、お弁当箱のように分厚い本。どこから読んでも楽しめて、全部読み終わっても、折に触れ、何度も開きたくなる、楽しい一冊。

  • 東海林さだおをただの漫画家だと勝手に判断してはいけない。
    彼ほど"食"に関して恐ろしいまでの洞察力とこだわりと愛情を持っている人はいないのではないかと思えるような文章を書く大作家先生なのだ。
    得に食べ物を擬人化させる技術は卓越していて、この手の文章を書かせれば右に出るものはいない。
    食に関する鋭いエッセイを何冊も出版しているのであるが、この本はその集大成でもあるといえる作品だ。
    愛情を込めて「沈殿文庫の100冊」の殿堂入り。

  • 実は完読してません。暇の時に、ちょっと開いて読んでます。どこから読んでも面白い。タンメンのことを書いて、にんまりさせる腕をもつ作家さんてそういないと思う。800ページ近くもあるのもお得。旅の話を集めた「東海林さだお自選 ショージ君の旅行鞄」も良いです。

  • 東海林さだおの本を読むと食べ物がおいしく感じられる。
    僕は東海林さだおのおかげでハムフライが好きになりました。
    ありがとう。

全9件中 1 - 9件を表示

東海林さだおの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

東海林さだおの弁当箱―自選・特選 あれも食いたい これも食いたい (朝日文芸文庫)に関連する談話室の質問

東海林さだおの弁当箱―自選・特選 あれも食いたい これも食いたい (朝日文芸文庫)はこんな本です

ツイートする