東京漂流 (朝日文芸文庫)

  • 32人登録
  • 3.69評価
    • (6)
    • (1)
    • (8)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 藤原新也
  • 朝日新聞社 (1995年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022640680

東京漂流 (朝日文芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初めて読んだのは高校3年のときだった。
    いまだに読み返す。


    「ニンゲンは犬に食われるほど自由だ」

    この言葉と共にガンジス河の畔で、犬が死体を食っている写真がある。
    それは、生ヌルイ生活をしていた自分にはショックだった。

    この出会い以来、藤原氏の本は全部読んでいる。そのなかでもこの作品が一番好きだ。

  • 初めて読んだのは二十歳のころ。

    社会の裏を覗こうとし、
    疑問を持つ姿勢は
    いつの時代の若者にも
    受け入れられると思う。

    高校生向きかな。

  • 最初に読んだ直後に、なぜかはわからないが、これからも東京で生きていくのだろうな、と思った。

全3件中 1 - 3件を表示

東京漂流 (朝日文芸文庫)のその他の作品

東京漂流 (朝日文庫) 文庫 東京漂流 (朝日文庫) 藤原新也
東京漂流 単行本 東京漂流 藤原新也

藤原新也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
宮部 みゆき
藤原 新也
藤原 新也
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする