声の残り―私の文壇交遊録 (朝日文芸文庫)

制作 : Donald Keene  金関 寿夫 
  • 朝日新聞社 (1997年7月発売)
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022641526

声の残り―私の文壇交遊録 (朝日文芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルの通り、文人たちとの交遊録。
    三島由紀夫についての記述が最も多い。その他に登場するのも、川端康成、谷崎潤一郎、吉田健一、安部公房……等々、実に多彩な顔ぶれだった。
    それにしても、この本も品切れのようで残念な限り……。

  • 筆者の日本を代表する作家たちとの交友録。興味深い。三島から司馬、谷崎など多数登場する。

全2件中 1 - 2件を表示

声の残り―私の文壇交遊録 (朝日文芸文庫)のその他の作品

声の残り―私の文壇交遊録 単行本 声の残り―私の文壇交遊録 ドナルド・キーン

ドナルド・キーンの作品

声の残り―私の文壇交遊録 (朝日文芸文庫)はこんな本です

声の残り―私の文壇交遊録 (朝日文芸文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする