医者という仕事 (朝日文芸文庫)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.36
  • (1)
  • (3)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 48
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022641557

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • とても内省的。高邁ぶった哲学に流れてしまうのでなく、日常を見つめる姿勢に、本物だなと思わされる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

南木佳士(なぎ けいし)
1951年、群馬県に生まれる。東京都立国立高等学校、秋田大学医学部卒業。佐久総合病院に勤務し、現在、長野県佐久市に住む。1981年、内科医として難民救援医療団に加わり、タイ・カンボジア国境に赴き、同地で「破水」の第五十三回文學界新人賞受賞を知る。1989年「ダイヤモンドダスト」で第百回芥川賞受賞。2008年『草すべり その他の短篇』で第三十六回泉鏡花文学賞を、翌年、同作品で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞する。ほか主な作品に『阿弥陀堂だより』、『医学生』、『山中静夫氏の尊厳死』、『海へ』、『冬物語』、『トラや』などがある。とりわけ『阿弥陀堂だより』は映画化され静かなブームを巻き起こしたが、『山中静夫氏の尊厳死』もまた映画化され、2020年2月より全国の映画館で上映中。

「2020年 『根に帰る落葉は』 で使われていた紹介文から引用しています。」

南木佳士の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×