ヨーロッパ・二つの窓―Toledo・Venezia (朝日文芸文庫)

  • 16人登録
  • 3.11評価
    • (0)
    • (1)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 朝日新聞社 (1997年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022641571

ヨーロッパ・二つの窓―Toledo・Venezia (朝日文芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (「BOOK」データベースより)
    国と国とが地続きのヨーロッパでは、地形や言語・宗教・文化の違いが国境よりも大きな“境界”として人々を隔てている。独立を叫ぶ地方の背景にあるもの、北と南の文化の違い、そして今も生きる中世の影―。永年暮らした経験と、広い視野、深い知識で、ヨーロッパに働く遠心力と求心力を読み解く。

  • 堀田氏と加藤氏の対談という形。

    トレドもヴェネツィアも行ったことがないけれど、新しいヨーロッパの見方を提示されてすごく面白かった。

    もっと話を深く掘り下げて(というかもっと長く)話して欲しいなぁと思うくらいどの話も興味深かった。

    最後のナポレオンの話は、先に読んだ佐々木中の切手本を思い出した。どこか通ずるところがあった。

全2件中 1 - 2件を表示

堀田善衛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ヨーロッパ・二つの窓―Toledo・Venezia (朝日文芸文庫)はこんな本です

ツイートする