平成版 普通の人 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.75
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022642202

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人間観察がシュールすぎて、振りきれてて、笑える。どのように暮らしていたら、こんなにも具体的に、人を観察できるんだろう。観察されていた本人は気づきもしないんだろうけど、怖いですね、ここまで見られてるなんて!
    面白き、グレーな人間模様…

    途中のコラムに書かれているんだけど、南房総に縁もあったようで、親近感。視点が面白いと、文章も面白い。

    村上春樹著『雑文集』で本書を知った。安西さんは挿絵くらいしか知らなかったので、読めて良かった~

  • 2014年8月28日読了。先日亡くなった安西水丸による、タイトルどおり「普通の人」が朝目覚めてからの日常を切り取ったまんが。村上春樹の雑文集でこのまんがの紹介文を見て興味を持って読んでみたが、なるほど「地味で普通」、「こんな人いるよね~」とのあるある感もありながら、普通の人たちが大したことの起きない日常の中でどぉ~でもいいことにこだわりを見せる愚かしさ・滑稽さは、なんだか自分もどこかで観察されているような気がしてなんとなくゾッとした気持ちにならなくもない。安西氏のイラスト・まんが新作が読めないのは残念。

  • 最高!!!!!!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1942年東京生まれ。イラストレーター・作家。日本大学芸術学部美術学科造型卒業。著書に『ちいさな城下町』、『東京エレジー』、『おばけのアイスクリームやさん』ほか多数。2014年没。

「2018年 『鳥取が好きだ。 水丸の鳥取民芸案内』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平成版 普通の人 (朝日文庫)のその他の作品

平成版普通の人 単行本 平成版普通の人 安西水丸

安西水丸の作品

ツイートする