ゆっくり東京女子マラソン (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022642271

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • はじめて読みました干刈あがた。
    もっとおもしろい一冊を書いているのではないかと期待感をあおる小説だったので、評価は低めの☆☆☆
    表題作の、母親たちの話は、え…?とギョッとする一文が突然あらわれたり、ただの平和主義者では終わらない日常生活の怖さだったり、逆に良さだったりが、ふんだんに盛り込まれている。
    母親のなかでは、結城明子さんが好きでした。
    南Q太の「ひらけ駒」みたいな、こどもの主張をちゃんと聞いてあげて、かつ、母親のたくましさがある。

    他2篇「雲とブラウス」(行方知れずの兄を捜す話)、「もう一つ」(探偵事務所に勤めているおばあさんの話)も、するすると読めた。

    もう一冊くらい読んでみよう。

  • 少し昔の話だけど。こうやって、女子はゆっくり強くなり、あたりまえのことを勝ち取ってきたんだなあと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1943年、東京生まれ。早稲田大学政経学部中退。1982年に海燕新人文学賞、85年に芸術選奨新人賞などを受賞。著書に『樹下の家族』『ゆっくり東京女子マラソン』『黄色い髪』など多数。1992年逝去。

「2017年 『ウホッホ探険隊』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ゆっくり東京女子マラソン (朝日文庫)のその他の作品

干刈あがたの作品

ツイートする