蕪村春秋 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022642523

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 蕪村が好きで、蕪村についての本は片っ端読んでいる。その中でも好きなのがこの本だ。
    高橋さん自身がいかに蕪村が好きかがよく判る。
    装丁もいい。こういう本は装丁がよくないといけない。際立った装丁ではないけれど、中身を知ってデザインされている。最近はそれすら危うい本が多いけれど、この装丁は中身にしっくり合っている。
    タイトルの示す通り、季節を追って蕪村の句を拾って行く。しかしその冒頭がいきなり「春風馬堤曲」だ。これはすごい。いきなり、見事に核心だ。
    そして、同じ詩で本が締めくくられる。見事だと心から思う。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1929年千葉県生まれ。小説家・劇作家。1983年『釣師』で直木賞受賞。

「2016年 『松尾芭蕉 おくのほそ道/与謝蕪村/小林一茶/とくとく歌仙』 で使われていた紹介文から引用しています。」

蕪村春秋 (朝日文庫)のその他の作品

蕪村春秋 単行本 蕪村春秋 高橋治

高橋治の作品

ツイートする