ゆめはるか吉屋信子〈上〉―秋灯(あきともし)机の上の幾山河 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.20
  • (1)
  • (0)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (686ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022642905

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 足尾鉱毒事件や当時野女性運動、社会主義運動など、吉屋信子をめぐるさまざまな事象に大きく記述をさいていて、興味深いのですが、吉屋信子ファンには退屈だという意見も聞きますね。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1928年、大阪市生まれ。樟蔭女子専門学校卒業。64年『感傷旅行』で芥川賞、87年『花衣ぬぐやまつわる……』で女流文学賞、93年『ひねくれ一茶』で吉川英治文学賞を受賞。『むかし・あけぼの』『ジョゼと虎と魚たち』『田辺聖子の小倉百人一首』など著作多数。

「2017年 『私の大阪八景』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ゆめはるか吉屋信子〈上〉―秋灯(あきともし)机の上の幾山河 (朝日文庫)のその他の作品

田辺聖子の作品

ゆめはるか吉屋信子〈上〉―秋灯(あきともし)机の上の幾山河 (朝日文庫)に関連する談話室の質問

ツイートする