司馬遼太郎全講演〈2〉1975‐1984 (朝日文庫)

著者 : 司馬遼太郎
  • 朝日新聞社 (2003年10月1日発売)
3.87
  • (5)
  • (10)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 59人登録
  • 8レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (398ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022643155

司馬遼太郎全講演〈2〉1975‐1984 (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  司馬史観満載、司馬ファンは楽しめる。

  • この講演シリーズ本当に好き。まるで今までの司馬シリーズの統括みたいで。もっと根本的な話、司馬氏の考えをわかりやすくお話してくれる。土佐人の明晰さは面白い。私も喫茶店に入ってぼーと何時間も土佐人を眺めていたい。

  • 2012.7.29 読了

  • 15/1/16読了

  • 「坂の上の雲」関係の話が多かった。正岡子規の随筆は、読んだことがないので今度借りてみます。
    巻末の解説を桂米朝さんがやっているのが良かった。

  • ・?? まさにこの人が生きていれば、公演を一度でいいから是非聴きたかったものだ.この本は多少そういう欲求を満たしてくれる.でもよくこのような内容を話としてできたものだ、この人は.たいていは話しが散漫になり取り止めがなくなるのに、さすが歴史家、小説家だと驚いた.

全8件中 1 - 8件を表示

司馬遼太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

司馬遼太郎全講演〈2〉1975‐1984 (朝日文庫)はこんな本です

ツイートする