司馬遼太郎全講演〈3〉1985‐1988(1) (朝日文庫)

著者 : 司馬遼太郎
  • 朝日新聞社 (2003年11月1日発売)
3.78
  • (5)
  • (8)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
  • 51人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (418ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022643209

司馬遼太郎全講演〈3〉1985‐1988(1) (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  日本が産業革命にも至らないのに韓国を併合し、その隣国に何を売るというのか、当時の日本はタオルの布地をやっと生産できる程度の段階であった。ただただ韓国に恨みをかい、更に持ち出しばかりで儲けもない。当時の政府はそんなことを考える頭もなかったのか、あれば戦争などしない、まったく間尺に合わない時代であった。(P96~参照)

  • 大学の入学式に講演が聞けたらなんといいだろう、座って私の話をよく聞いてくれましたがもう体力の限界だと思います、このへんで。私の話を聞け!ではなくこういうことがさらっといえる大人になりたい苦笑

  • 15/1/18読了

  • 今回は、期間が短い目でした。江戸時代の話が多かったように思えます。私も漢文の素読とかをやってみたいです。どっかで教えてくれる所はないですかね?

  • ・3/8 上の「日本史探訪」に出てきた話題で坂本竜馬がこの本にもあったので、続けざまに読んでしまおうと思う.
    ・3/11 やっぱり時期が同じ頃だと、同じような内容の話しを講演でもしてしまうんだろうなぁ.
    ・3/16 生まれ変わったつもりで再開した.できれば何もかも忘れて本に没頭したい.
    ・3・23 この辺で読了.そういえば聞いたことないから一度声も聞いてみたいと思う.

全6件中 1 - 6件を表示

司馬遼太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

司馬遼太郎全講演〈3〉1985‐1988(1) (朝日文庫)はこんな本です

ツイートする