にぎやかな湾に背負われた船 (朝日文庫)

著者 : 小野正嗣
  • 朝日新聞社 (2005年10月13日発売)
3.11
  • (0)
  • (5)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :61
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022643537

にぎやかな湾に背負われた船 (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 書きたかったと思われることはなんとなくわかるし、凝った構成だけど、
    文体とか表現とか、好みじゃない。
    とりあえず人物的に吉田先生は完全アウト。炎上でしょ。

  • Ono's second novel, which he wrote at a Claude Mouchard’s apartment, features appealing characters like the drunk who visits his neighbor every day and the corrupt cop cozying up with local crime bosses, as well as the ordinary citizens of a sparsely populated village in Japan.
    The novel, which was also translated into Vietnamese, won the Mishima Yukio Prize and one of the judges praised the author as a combination of the two masters of magic realism, Columbian Gabriel García Márquez and Japanese Nakagami Kenji.

  • 地域・地方の集合体が日本であり、それ自体にやはり力はあるのだ。むしろ排他的な強制力ではあるが・・・。

全5件中 1 - 5件を表示

小野正嗣の作品

にぎやかな湾に背負われた船 (朝日文庫)はこんな本です

ツイートする